#contents
#br
#br



#br
*イントロダクション [#e1337088]
#br
CENTER:''ようこそ、アスタリアライフへ!''
#br
-これから始める人が初心者を卒業するまでの手順を記載しています。そのため内容も初心者向けです。
-ストレスなくサクサク進めるために、あくまで参考程度にしてください。
-他にも「[[基本システム]]」や「[[よくある質問]]」のページも見ておくといいでしょう。
-ここを見てもわからないことや具体的な攻略については、『[[質問・相談用ページ]]』または本スレで聞きましょう。
(初心者スレ・質問スレはありません)
#br
#br
*Step.1「初心者がやるべきこと」 [#y6f59ffb]
#br
当たり前ですが、まずはキャラクターの手に入れ方やクエスト、育成面の仕組みを理解することが大事です。
この段階では、上記3つにスポットを当てて紹介します。
#br
**開始時の進め方 [#qb70507d]
-スタート時は、初期にもらえるキャラ5人(☆3主人公のいずれか一人+☆2二人+☆1二人)。
そのままの戦力では早々に詰むため、チュートリアルクリア報酬の召喚の雫と星霊石でスペシャル召喚をしよう。(召喚の雫を持っている場合は、必ず雫→星霊石で消費されます)
-最初の段階では召喚アスタリアしか引けない(たまに選抜などがある場合はそちらも引ける)が、あまりお勧めできない。
クエストを選択するとマップ画面になるので、右上にあるシナリオ選択で結晶の大地と導きの光編を選んで、ステージ1を全てクリアしよう。その後カケラ編をある程度進めたら光と闇の救世主編か選ばれるようになっているため、同じくステージ1を全てクリアしよう。そうすると、それぞれの召喚が開放されるので、有用なキャラが引けるようになります。
-特にお勧めなのは光と闇の救世主編。常設の光マルタは破格の性能)な上、高レアキャラの数が一番少ないため、限定の強いキャラが出やすいです。ただし、光マルタ以外は全て[[絆チケット]]で交換可能なため、それが嫌な人は結晶編を引いてもいいでしょう。
-「リセマラ」については、『[[リセマラ]]』のページを参照。光マルタの詳細もそちらに記載。
#br
#br
**スペシャル召喚(有料ガチャ)について [#zee14555]
-スペシャル召喚はカテゴリ分けされており、ストーリーを進めると徐々に引けるカテゴリが解放される形式になっています。
出てくるキャラが分散しているため、欲しいキャラの出る召喚を選んで引くことができます。
ガチャの解放タイミングについては[[キャラクター詳細の項>キャラクター詳細]]参照
-キャラの強さだけで言うと、星のカケラ編の召喚はリリース初期のキャラばかりのため、ステータスが低く、キャラが好きな人以外には全くお勧めできません。また、大半のキャラがスペシャル召喚でダブった時にもらえる絆チケットで交換可能です。
-期間限定キャラは全ての召喚(臨時開催の選抜等を除く)で出現率が約1.4倍に設定されています。
しかし、☆5の確率は常にトータル3%なので、☆5の種類が多くなるほど1人当たりの出現率は下がります。
期間限定キャラが欲しい場合は、☆5の数が少ないカテゴリで引きましょう。
詳しい出現率は全て公開されていますので、各召喚内の詳細ボタンを押して確認してください。
-アスタリアでは、期間限定キャラの再登場が殆どありません。
%%ごくまれに行われる属性選抜等で一部が再登場することがある程度です。%%
現在、属性選抜が開催されることは無い。過去のキャラを狙う場合は限定衣装キャラが復刻する「極選抜召喚」や「覚醒フェス」を狙う必要がある。
-☆6に覚醒するキャラはいずれも強力ですが、指定されたパートナーキャラを4人も集める必要があり、そのためには高難易度クエストをクリアする必要があります。ボスドロップは10~15%程度と推測され周回を強いられるため、コラボ等でとりあえずすぐ使える有用キャラという観点なら、覚醒しない☆5の方が強いです。
#br
#br
**クエストについて [#x3d84997]
***クエスト開始前の心得 [#la01010b]
-石コンティニュー禁止
AP回復はログインボーナスでもらえる「ユズグミ」を使用するところまで。
後半ならまだしも前半でのコンティニューは明らかに価値が 無駄にするドロップアイテムやAP<石 なので星霊石でのコンティニューは止めておいた方がいい。
(石は基本的に各ステージの最終クリアかサブクエクリア(いずれも初回のみ)でしか手に入らない。
また、早く先が見たいからといってAP回復のためだけに星霊石を消費するのはもったいないのでやめよう。
大抵、第1章のAP半減か全シナリオの経験値2倍のどちらかが実施されているので、キャンペーン中のシナリオを回っていれば待ち時間なくサクサクすすめられるはず。
#br
-最初の目押しゲーでFA(ファーストアタック)取る
ゲームが相当有利になるので積極的に狙うべき。やり方は[[小ネタの攻略関連>ゲームプレイ時小ネタ集]]参照。
ただしこの段階で説明しているステージ付近なら多少取り損ねてもそうそう全滅はしないのであまり気張らず。
オート機能が実装されているが、難易度の高いクエストになるとFA前提になるため、失敗しても怖くない最初のうちに練習するのをお勧めする。
#br
-『クエストクリア特別ボーナス』は極力狙う
全部で「スピードクリア」、「PT全員生存クリア」、「秘奥義〆クリア」の3種類がある。
|~ボーナス|~条件|
|BGCOLOR(moccasin):''スピードクリア''|そのクエストで決められたターン数以内にクリアすること。決められたターン数はクエストごとに異なる。|
|BGCOLOR(moccasin):''PT全員生存クリア''|パーティの中で戦闘不能が1人もいないこと。|
|BGCOLOR(moccasin):''秘奥義〆クリア''|クエスト最後のボスを秘奥義でトドメを刺すこと。|
後半になればなるほど狙いづらくなるのでとりあえず狙っとく。
OL(オーバーリミッツ)ゲージは次ステージに持ち越せたりはしないので遠慮なく〆のボスで打っとくこと。


#br
#br
#br
***パーティを編成する [#a2028804]
#br
-パーティは秘奥義持ち優先で組み、『左に攻撃力が弱いキャラ(例:回復秘奥義キャラ)or高ヒット秘奥義キャラ→右端が攻撃力高いキャラ』で組むと火力が出やすい。
--これは秘奥義を打つ際にシステム上「高hit秘奥義→全員通常攻撃→中hit秘奥義→フィニッシャー」と打つと効率が良いためである。
--[[秘奥義]]も合わせて参照。
-オススメ編成で組むと左に攻撃力が高いキャラ→右に低いキャラで組んでしまうので当てにせず、自分で組むようにしよう。
-各キャラの秘奥義を見て、どのキャラの秘奥義がどの役割を担えるかは必ずチェックしておこう。
--回復秘奥義キャラや高ヒットキャラも大事であるため、威力やヒット数だけで判断して編成しないこと。下記の秘奥義の種類表も合わせて参照。
-キャラの秘奥義ゲージのたまりやすさを判断するための重要な材料として「OL(オーバーリミッツ)」が存在する。キャラが揃っていないうちは気にしなくて良いが、ある程度キャラが揃ってきたらOLのことも頭に入れて編成すると良い。
#br
|~秘奥義の種類|~判断目安|
|BGCOLOR(moccasin):''高Hit''|秘奥義の単体hit数が「40~50hit以上」であること。|
|BGCOLOR(moccasin):''Finish(高威力)''|秘奥義の単体威力が「570~600%以上」であること。|
|BGCOLOR(moccasin):''中Hit''|高Hit秘奥義とFinish秘奥義の間にあたるhit数と威力を持っている。|
|BGCOLOR(moccasin):''高速OL''|オーバーリミッツゲージの回転率が良い秘奥義。その分威力は控えめになっている。目安として「OL指数が10~20の間」ぐらい。|
|BGCOLOR(moccasin):''回復''|パーティ全体を大幅に回復させる秘奥義。|
|BGCOLOR(moccasin):''高速OL回復''|パーティ全体を少量回復させる秘奥義。高速OL秘奥義の回復バージョンなのでOLの回転率が良い。|
|BGCOLOR(moccasin):''タイムストップ''|敵の動きを1ターン行動不能にする秘奥義。タイムストップターン中はアイテムが使えない。|
#br
#br
***クエストへ [#n40f8f39]
クエスト開始前の心得を頭に入れたうえでまずプレイ。
-バトル中は色合わせ全力。
属性パネルがPT中一人しか合っていないのと五人全員合うのでは全体攻撃力が大違いなのでとにかく属性合わせは大事。
慣れてきたら各パネルのアイコン(剣・盾など)も気にしながら合せていくとよい。
-敵は赤い目のようなターゲットマークが付いているパネルを攻撃してくるため、体力が低いキャラなどがいたらわざとそこから外すことも一つの戦略。
-ちなみに秘奥義を打つと秘奥義レベル(経験値)が上がる。
-秘奥義はできるだけ高ヒット→高威力で。ヒット数ボーナスで相当威力に差が出ます。

//-クレス編ステージ2をクリアすると他五人が解放されるので、他五人の初期ステージを2~3まで全員分クリアする。
//その後も順次進めていくと、ルークステージ5クリア時点で第2章のシナリオが開放される。
-この段階ならグミ諸々を使ったりする必要のある難易度ではないので温存しておく方がベスト。
//その頃には石が(サービス開始初期現在なら)ログインボーナス石1+クレス編の2つ+他五人の内2つで5つそろっているはずなので
//スペシャル召喚をする。ここで秘奥義もちサブクエもち☆4以上が出れば文句無しだが、最低でも☆3が出るはず。
//ここで☆2を外して☆3×2+☆2×2+いま出たキャラのパーティにする。
//以下、他のクリアしてない五人の初期ステージクリア+最初の主人公のサブクエ+もう一つステージクリアをし、
//スペシャル召喚をすれば恐らく極力何も無駄にしない状態で最序盤は終えられるはず。
//最後の☆2も本格的にお荷物になる前には石が溜まると思うので最低でも☆3に変えられる。
//


#br
#br
**育成について・その1(レベル上げ) [#ad71542f]
-パーティキャラのレベル育成はまんべんなく行う
特に防御が極端に低いキャラがいるとすぐに死んでしまい、バトル報酬が減るだけでなく、パネルの色合わせの自由が減る・色合わせのコンボボーナス減少などデメリットがかなり大きい。
☆3キャラだとしても、パーティメンバー落ちした後にサポートメンバーとして貢献するため、無駄になることはないので遠慮なく育てよう。(最終的にサポ落ちしても仲間ポイントになる)
-経験書(緑の本)について
このゲームはとにかくお金が足りません。キャラのレベルが上がると育成にかかるお金も増えるので、10冊ずつ使うのが育成の基本になります。
レベルマックスまでどのくらい経験値が必要かは[[レア度別経験値表]]にあります。
-術技書(青い本)について
術技書はなかなかドロップしません。育成は術技書をいかに効率よく集め、術技を育成していくかにかかっていると言っても過言ではないため、低レアリティのキャラに使っていくのは非常に勿体ないです。リセマラをしているなら☆5キャラに、していないならとりあえず温存して、☆5が手に入ってから使うのをおすすめします。
特に強力なキャラほど術技育成にかかる経験値が高くなる傾向にあります。術技の必要経験値はキャラの術技毎に異なるため、キャラリストの技名の後ろの()内の数値を参照→[[キャラを育成しよう]]の術技の項のテーブル参照。
-まだこの段階では「曜日クエスト」の必要性は薄いため、シナリオを順次まわり、詰まったら難易度の低い他の章を進めたり手前のシナリオを周回したりして育成するのをお勧めする。この時オムレツ系統の料理を使用するとより効率が良い。
#br
#br
#br
*Step.2「ある程度慣れてきたら」 [#me934456]
何度かプレイしてシステム面にある程度慣れてきたら、次はより強くなるために色々な工夫をしよう。
アスタリアでは限定クエストの難易度が比較的高いため、強くなる程よりその魅力が味わえるようになります。
#br
**育成について・その2(限界突破) [#w58d0171]
***限界突破について [#x585b409]
キャラのレベル上げを繰り返してレベルがMAXになったら、次は限界突破を行って更にキャラレベルの上限を上げよう。限界突破は各キャラ3回まで可能である。
限界突破を行うには曜日クエストやイベントで手に入る素材が必要であるため、「曜日クエストについて」を参照。
当分はこの「育成→レベルがMAXになったら限界突破→育成」という作業を繰り返していくことでステータス面での初心者を卒業するための実力が身についていく。
#br
***曜日クエストについて [#q29b0e2f]
-%%曜日の上級が回れるようになったら(ストーリーのボスLVが曜日上級のボスLVを10以上上回るくらいが目安)、限界突破アイテム目当てにまわると良い。%%
-現在は下級素材をたくさんあつめると上位素材に交換することが出来るため、地道にこなしても構わない人はある程度キャラが揃ったら無理がない階級を限界突破アイテム目当てに周回すると良い。
-曜日クエストは属性パネルがオススメ属性に偏るのと、スピードクリアのターン数がシナリオより厳しいので、しっかり育成してからでないと、ボーナスを逃してもったいないことになる。
-ボスが急に強くなったなど、突貫でメンバー育成したい場合は、ボーナスがすべてとれる階級の曜日クエストに行くこと。
|~曜日クエのメリット|経験書のレア度が高いものが落ちるので育成が早い&ガルドが少なくて済む|
|~曜日クエのデメリット|AP効率が悪い|

**イベントクエストについて [#k774425f]
-イベクエは
--「[[期間限定クエスト>期間限定イベントクエスト]]」(ボスドロップするイベント・レアキャラ出現&ドロップする場合もあり)
--「[[ギルドイベント>ギルドイベント]]」(ギルメンみんなで特定のアイテム集め・収集数に応じて報酬)
--「[[コラボイベント>他作品とのコラボイベント・キャンペーン]]」(順次クリアすると必ずコラボキャラが手に入る)
--「[[力試しイベント>高難易度クエスト]]」

などがある。
このうち、力試しイベント以外は、初心者でも頑張れば何とかなることが多い。
詳細はリンク先を参照。
-期間限定である場合がほとんどであるため、ストーリーや曜日クエストで育成しつつ合わせて挑むかたちになる。

#br
#br
#br
*Step.3「脱・初心者に向けて」 [#t753965a]
#br
曜日クエストを周回して強くなり、イベントクエストにも積極的に参加できるようになったなら、次はキャラ育成についてより詳しくなりましよう。
更に、この段階でパーティから外れた☆3や☆4もある程度育っているはずなので、通常のクエストとは仕組みが異なる共闘の仕組みを理解しましょう。
この段階まで来たら初心者卒業も目の前であるため、自分のペースで頑張りましょう。
#br
**育成について・その3(サポ値を考慮した育成) [#v0f154d2]
此処を読んでいる頃には、ある程度の手持ちキャラが育っている頃だと思うので、次は「サポートメンバー」と「サポート値」(通称:サポ値)の概念を知る必要がある。
#br
|~サポートメンバーとは?|
|・パーティメンバーを除いた仲間のうち、編成欄で銀色の枠に入っているキャラのことである。&br;・選ばれる基準は攻撃力と防御力の合算値が高い仲間の順に決められているため、育成状況によっては変動する。&br;・サポートメンバーの人数枠はプレイヤーレベルの上昇や特定のメインクエストをクリアすることで上がる。|
|~サポート値とは?|
|・クエスト開始時に上記のサポートメンバーから加算されるステータスを便宜上『サポート値』と呼んでいる。&br;・このサポート値の割合は「サポートメンバーの総攻撃力(総防御力)の10%」である。&br;・上記の計算方法で導き出された値がそれぞれパーティメンバーの攻撃力と防御力に付与されている。|
#br
一応説明しておくと上記の通りだが、まだ初心者に毛が生えた段階である状態でこのサポート値の概念を一度に頭に入れようとしても混乱するため、
#br
|BGCOLOR(lemonchiffon):''とにかく攻撃力と防御力が高いキャラクターを優先して育てる''|
#br
ということを頭に入れて育成することを開始すれば、当分は問題ない。
#br
#br
**共闘バトルについて [#b790a462]
-リアルタイムでプレイヤー同士で集まって大きなボス(ギガントモンスター)を倒す「アスタリア版マルチバトル」。
-全部で3タイプあり、初心者向きなのは物理>術>防御(上級者向け)。
-ギルドに加入しギルドメンバーと戦うか、おすすめメンバー(ランダムマッチング・通称野良バトル)で戦うか選択できる。
-まずはアプリ内の説明をしっかり読み、各タイプの立ち回りについては『[[共闘バトル]]』を参照しましょう。
-共闘のルーレット報酬の中には☆5キャラも存在するため、間接的にパーティの戦力向上にも役に立つ。
#br

#br
#br
*Step. Final「初心者卒業」 [#q797b414]
このステップを突破できると、ようやく「中級者」の仲間入りです。
おめでとう!そしてまだ見ぬ高みへ
#br
**第1章『星のカケラ』編をクリアする [#n589c960]
初心者卒業の''登竜門''として、第1章「星のカケラ」編をラスダンまで進めて''『第1章のラスボスを倒す』''という通過儀礼がある。
このラスボスを倒すことで、初回クリア報酬として「AP+10,サポートキャラ枠+10」が増えるため頑張る価値がある。
#br
**覚醒キャラクターを覚醒させる準備へ [#e69478e9]
もし覚醒キャラを持っている場合は、初心者時代にはお預け状態になっていた「覚醒」へ向けた準備を開始しましょう。
今まで曜日クエストを周回している中で幾つかの覚醒素材(通称:霊素)がドロップしているかもしれないが、お預けしていた理由は三つある。
-一番大きな霊素素材は''曜日クエストの上級''以上でドロップするため
-必要な素材の一つである『覚醒パートナー』がドロップする「[[覚醒パートナー獲得クエスト]]」は、一番低い級でも強いため油断できない。
-ドロップ率が悪いなどの最悪の場合、これらのステージを気が遠くなるほど周回しないといけない

上記の理由から、ここの段階でようやく手を付け始められる。
ただし、他のイベントクエスト同様に上の級に行くほどドロップ率が良いため、他のキャラの育成も怠らないように気を付けよう。
#br
**試練の塔について [#r7af85d2]
『[[試練の塔]]』とは、アスタリアの「常設高難易度クエスト」である。
…といわれると初心者はつい嫌煙しがちだが、実は育成を積み重ねておけば初心者や中級者でも序盤の階層の方はどうにかなる。
各階層をクリアするとアイテムや星霊石が貰えるため、やる気と余裕があれば挑みたい。
この試練の塔をある程度進められるようになると高難易度クエストに挑むことを視野に入れ始めてもいいかもしれない。
#br
#br

#br
*その他の知っておきたいこと [#m73bb670]
アスタリアをサクサクプレイする上では知っておきたいことを紹介しています。
#br
**ストーリーの進行順について [#rd8334e6]
//-&color(red){大前提として、スペシャル召喚開放のため、第2章アスベルステージ1まではクリアすべし。};
-話の時系列は「星のカケラ編」(1章)→「光と闇の救世主編」(2章)→「結晶の大地と導きの光編」(3章)となっているが、ゲームの進行は各章のステージ1からどの順番からでもプレイできる。
-各章は同時進行が可能なため、それぞれを進めるメリットを挙げる。
-時系列順に進めるメリット
--ストーリーが分かりやすい。
--各章のクリア時にサポートメンバー・APに+10ずつボーナスが入るので、先に進めることでボーナスが早く手に入る。
また、最終的な難易度も1章<2章となっている。
-各章を同時に進めるメリット
--難易度が低いところから交互に進めていけるので、石集めが容易。
--経験値2倍の時でも、APのムダが出にくい&進みすぎてボスで詰まることが少ない。
#br
-AP半減・経験値2倍と通常時で、場合に応じて都合の良いように進めると良いでしょう。
また、ストーリー中の用語を忘れた際には[[コチラ>用語集]]も参照。

#br
**アイテムについて [#ob5b324e]
-アイテムは大きく分けて『[[アイテム]]』(バトル時に使用するアイテム)と『料理』、『素材』、『育成アイテム』の4つがある。
-ルル([[ネコ派遣]])は暇さえあれば派遣しておく。派遣するとアイテムや料理をとってきてくれる。
--特にデメリットは無いのでひたすら派遣しておく方がいい。
-一部アイテムには「使用期限」が存在するため、必ず受け取り時の『詳細』及びメニュー画面の『アイテム』から確認しておくこと。万が一期限が過ぎた場合は自然消滅する。
-後半になるとアイテムを使う方が進みやすくなるクエストも登場するため、序盤からアイテムをボンボン使うことは原則お勧めできない。あまりにも敵との実力差を感じる場合は一度育成に専念すること。
-イベントクエストやギルドイベントの報酬でアイテムが手に入る場合があるため、限定クエストに挑める実力がついたら積極的に挑んでおきたい。アイテムだけでなくキャラも入手できる場合がある。
#br
**ギルドについて [#d7362651]
「[[基本システム]]」にも記載があるが、各々のプレイスタイルを基準にギルドに加入するとよりゲームが進めやすくなる。
ギルドに加入することで、ギルド補正値と呼ばれるボーナスステータスがパーティメンバーに付与されるようになる。
厳密には、ゲーム開始時点でプレイヤーは自分自身のギルドに加入してリーダーを務めている扱いになっている。
しかし、その時点では自分自身のギルドを鍛えるソロプレイを行うよりも、一つのギルドに大勢のプレイヤーが集まっている正式な「ギルド」に加入した方がギルド補正値の都合上、クエストを進めやすい。
#br
**ミッションについて [#l48f6b68]
アプリ内の機能の一つである『[[ミッション]]』機能を使うとよりゲームを進めやすくなる。
※ミッションについての詳細はリンク先を参照。
「デイリーミッション」と「ウィークリーミッション」の難易度は低いため、
毎日コツコツとこなした場合は1週間で星霊石が10個(ログボも含めると計16個)手に入る結果になる。
石が増えるとガチャを引くことが出来る機会が増えるため、積極的にこなしていきたい。
#br

//チュートリアル報酬の変化やAP半減、経験値2倍の導入など、初期とは大分状況が異なるため、以下は省略した
//*まとめ [#p08431d1]
//-この方法で行けば(時間さえあれば)少なくとも
//クレス→他五人解放+他五人1-3ステージまでクリア+ルーク2-4まで+サブクエ二人分までを
//AP消費スピード<レベルアップでAP回復という事情によりAP回復待ちをせず一気にクリア可能。
//(筆者はこの段階で☆3秘奥義もちサブクエあり風(経験の書10×2)+☆3サブクエあり地(経験の書10×1)+☆3他二人(水二人)+☆2一人(火)という構成)
//全ステージ全滅無しというのが前提だが、ここらなら道中のFAとり損ねたりしたところでそうそう全滅はしない。
//またこの段階ならグミ諸々を使ったりする必要のある難易度では絶対にないので温存しておく方がベスト。

#br
* コメント [#k4fec3f7]
#pcomment