詳細

ルーク・フォン・ファブレ声優鈴木千尋
☆5以上テイルズ オブ ジ アビスの主人公。公爵家の一人息子。
誘拐のショックで子供の頃の記憶を失い、
以後、事実上の軟禁状態で育てられたため、大変な世間知らずでわがまま。
唯一の趣味は剣の修行で、剣筋は粗いが腕は立つ。
☆4以下テイルズ オブ ジ アビスの主人公。ファブレ公爵家の一人息子。
幼い頃誘拐されたショックで、子供時代の記憶を失っている。
大変な世間知らずでわがまま。
短髪テイルズ オブ ジ アビスの主人公。
これまでの自分自身を見つめなおし、髪を切り生まれ変わろうと決意したルーク。
ティアやガイたちの激励を受け、1人の人間として、今、歩み始めた。
自らの信念の元、世界の未来の為に――。
 
秘奥義名説明
長髪レイディアント・ハウル巨大な闘気で攻撃力の~%のダメージを与える
短髪ロスト・フォン・ドライブ斬撃をくり出したあと、斬り下ろしと同時に超振動を発生させ、
敵に攻撃力の~%のダメージを与える
 

ボイス

通常(長髪)

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
術技発動(補助)「」
OLゲージMAX「」
秘奥義「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
 

通常(短髪)

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
術技発動(補助)「」
OLゲージMAX「」
秘奥義「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
 

≪170135≫ルーク【正装】

攻撃(連撃)「たあ!」
攻撃(1hit)「くらえっ!」
術技発動「ふっ、やっ、せやっ!」
OLゲージMAX「許さねえ!」
覚醒ゲージMAX「やってやるぜ!」
秘奥義(覚醒)「これで決めてやる!響け!集え!全てを滅する刃と化せ!ロスト・フォン・ドライブ!」
被ダメ「っ、しくった!」
戦闘不能「ここまでなのかよ……」
ホーム画面「みんなを信じる!……いや、みんな俺を信じてくれ、かな」
「倒しても倒しても復活する敵…!あぁ、もう勘弁してくれ!
俺は…終わりにしたいんだ」
「さっきの戦闘どうだった?自分ではイケてたと思うんだけど…」
「ふっ、たぁっ、やぁぁ!……はぁはぁ、お?どうしたんだ?
俺の訓練なんか見ても、別に面白くなんかないだろ」
「強くなりたいと思うよ…でもそれは何かを捨ててとか犠牲にしてとかじゃ、
だめなんだ…」
「どうしたんだ?何か困ってることがあるなら遠慮せずに言えよ」
「明日は晴れっかな~ま、こんだけ雲がなけりゃ 晴れるだろ」
「何でこう何度も暑い場所に行くんだ?ふぅ~~あっちぃ」
「おい!怪我したのか?ちょっと待ってろよ!今、治療の道具借りてくるからな!」
「夢を見たんだ…俺がバカやっちまう夢………っふふ、成長しないな、俺」
 

≪170141≫ルーク

攻撃(連撃)「くらえ」
攻撃(1hit)「蹴散らしてやる」
術技発動「おらおら!邪魔なんだよ!」
OLゲージMAX「許さねぇ!」
覚醒ゲージMAX「見せてやるよ!」
秘奥義(覚醒)「うおぉぉぉ!!喰らいやがれっ!!」
被ダメ「やっべぇ!!」
戦闘不能「マジか…だっせぇ…」
ホーム画面「よし…「今日も俺が一番活躍してた」っと!…ヘヘ。うぉっ!?
て、てめぇ!人の日記勝手に覗いてんじゃねぇ!」
「よっし!お前ら!親善大使の俺についてこい!」
「ティアのやつ…ブタザルのどこが可愛いんだ?」
「はぁ~たりぃ、疲れた…んー。なぁ!休憩しようぜ。別に急ぐ事ねぇって」
「うっぜぇなぁ。何ヘコんでんだよ。こっちまで気が滅入ってくるから、
さっさと元に戻りやがれっての」
「趣味?んー趣味ってぇと…何だ?っ…急にきかれても解んねぇな。
ん…けど、剣の稽古は好きだぜ!」
「字が汚い?よ、余計なお世話だっつぅの!!読めるんだから良いだろ!」
「なぁ!俺、旅を始めた頃に比べて結構強くなったよな?…な!」
「しっかし、最近はあっちこっち旅してるよな。前はずっとバチカルに居たのによ」
「んっ!くすぐってぇじゃねぇか!人の事…ツンツン…つついてんじゃねぇ!」
 

≪170155≫ルーク【着物】

攻撃(連撃)「うぜぇ!」
攻撃(1hit)「まだまだ!」
術技発動「吹き飛びやがれ!」
OLゲージMAX「見せてやるよ!」
覚醒ゲージMAX「行くぜ!俺について来い!」
秘奥義(覚醒)「うおぉぉぉ!!喰らいやがれっ!!」
被ダメ「痛ってぇ!」
戦闘不能「くそっ…ふざけんな…よ」
ホーム画面「ったく…たぁりぃなぁ。ん!な、なんだよ!わぁってるよ!!
進めば良いんだろ!進めば!」
「へへん!実践にも慣れてきたな!あ?「そういう時が危険だ」?
って…うっせぇな!ンな事言われなくても解ってるつぅの!」
「なぁ。なんか俺ばっか怒られてねぇか?…はぁ!?日頃の行い!?
何だよソレッ!!」
「おい…あぁ…なんつぅかその…いつも助かるつぅか…んん!
やっぱなんでもねぇ。なんでもねぇって言ってんだろ」
「おーい!ガイー?居ねぇのかぁ?はぁ…なんだよ、
手合せしてもらおうと思ったのに」
「んだよ?俺の作った料理に文句あんのかよ!食えりゃ良いだろうが!
文句があるなら、お前が作れば良いじゃねぇか!」
「あのなぁ!お前ら!俺が王族だって事忘れてるだろ!?
いいか。念のため言っておくけど、俺は偉いんだからな!」
「へぇっくしょん!!うぅ…な、なんだ?風邪か?そういやぁなんか体もだりぃ気がすんな。
…おい、俺は寝るから邪魔すんじゃねぇぞ」
「げ…今日の飯、魚かよ…な、何だよティア!俺はまだ何も言ってねぇぞ!」
「うぉお!?っとぉ…驚かすんじゃねぇよ。何?「そこに座られると邪魔」?
ケッ!お前の都合なんて知るかつぅの!」
 

≪170163≫ルーク(短髪)

攻撃(連撃)「やってやる!」
攻撃(1hit)「どうだ!」
術技発動「まだまだ、いくぞ!」
OLゲージMAX「許さねぇ!」
覚醒ゲージMAX「俺は俺だ!ここで負けるもんかぁ!」
秘奥義(覚醒)「これで決めてやる!響け!集え!全てを滅する刃と化せ!ロスト・フォン・ドライブ!」
被ダメ「食らっちまった!」
戦闘不能「くっそ…こんなところで」
ホーム画面「なんだ?何か用があるのか?別に無いなら無いでいいけど…変な奴」
「クソ…どうすれば…。ああ、悪ぃ、ちっと悩んでてさ…
良かったら一緒に考えてくれないか?」
「おはよう!昨日は眠れたのか?そっか、ならそろそろ出発しようぜ!」
「力を使う恐怖を知った。だから次は間違えない。支えてくれる皆も居るからさ」
「初めて何かを守りたいって思ったのはいつだったかな…
俺がそんな事言うのおかしいか?」
「は、はは!くすぐった!や、やめてくれって!あはっ!あはははっ!」
「色んな場所を見て周るのも悪くないな。
元気な街とか、静かな街とか。色々あるんだな…」
「あっちの店は服売ってて、こっちの店は食べ物。
その先の店は武器屋だ。で、何処に行きたいんだ?」
「ん!!おお…美味いなこれ!むぐ…ん…はむ…!!はぁ!
なあ!おかわりしても良いか?」
「あまり誰かに何かをあげるってしたことなかったからな…
プレゼントって何を選べばいいんだ?」
 

≪170170≫ルーク【水着】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「俺はそれくらい言ってもらった方がいいのかもしれない…ありがとな。」
「奪われるほどの過去もない…それでも俺は、俺であると決めたんだ!」
「正解があるなら…悩んだり立ち止まったりしないさ。…正解がないから、怖くて立ち止まるんだ。」
「大丈夫か?熱は…うん、ないみたいだけど…
休んだ方がいいんじゃないか?みんな今日くらい見逃してくれるだろ。」
「普段悩んだりしなさそうな奴が悩み始めると驚くよな。
砂漠に雪が降るんじゃないかって思うくらいにさ。」
「心配したんだぞ!お前に何かあったんじゃないかってさ!」
「平和だなぁ…っ、ふぅ…穏やかっつーか、こういうのも悪くないよな。」
「夕飯の買い物に行こうぜ!何にすっかなー。なぁ、お前は何食べたい?」
「今日の一歩が明日を作るって言うだろ?だから俺は今日精いっぱい生きようと思うんだ。」
「なんだってこう、魔物が出てくるんだ!?…と、あぶね!大丈夫か!?」
 

≪170194≫ルーク【奇術団衣装】

攻撃(連撃)「たたっ斬る!」
攻撃(1hit)「はっ、任せろ!」
術技発動「続けていくぜ!」
「蹴散らしてやる!」(お調子者の本気、焔舞う剣舞)
OLゲージMAX「許さねぇっ!」
覚醒ゲージMAX「オレの出番だぜ!」
秘奥義(覚醒)「うおぉぉぉ!!喰らいやがれっ!!」
被ダメ「やっべっ!」
戦闘不能「マジか!……だっせぇ」
ホーム画面「ティアの奴、オレに怒ってばっかじゃねーか。
んな怒ってると、シワが増えても知らねーからな」
「ガイの奴、あんな機械の何が楽しいんだろうな?
へっ、さっきも機械を見ながらなんか嬉しそうに笑ってたけど……ぜんぜん意味が分からねえ」
「なんか変な知り合いが増えたよなー。弱そうなやつばっかだから、
メンドくせーけど、見てやるとすっか」
「別に寄り道ぐらいしたっていいじゃねーか。慌てたっていい事ねーしな!」
「ま、退屈しねえし? 旅もまあまあいいんじゃねーの? まあまあだけどな!」
「やっと帰ってきたぜ! やっぱ自分の部屋が一番気楽でいいよな!」
「何だ、どうかしたのか? 調子が悪いなら無理してんじゃねーよ!
つべこべ言わずに休んどけ!」
「どこ行ってたんだよ!? 消えちまったのかと思ったじゃねーか!
な、別に心配とか、そういうんじゃねえからな! 勘違いすんなよ!」
「おいおい何だよ!? この爆発でもしたみてえな食いもんは!
ちゃんと片付けとけよな!」
「くふぁっ、ふあ~あ、んんっ、んー……朝か。
おー、お前も今起きたのかよ。おっせーな」