ミラ

攻撃(連撃)「ふっ!」
攻撃(1hit)「そこだ!」
術技発動「私の前から消え去れ!」
OLゲージMAX「よし、いくぞ!」
覚醒ゲージMAX「四大よ、始めるぞ!」
秘奥義(覚醒)「始まりの力、手の内に!我が導となりこじ開けろ!スプリームエレメンツ!!」
被ダメ「しまった!」
戦闘不能「慢心…したか…」
ホーム画面「皆、己の成すべきことを果たしている。立ち止まってなどいられないよ」
「本来交わることのなかった者たちばかりだが、
この出会いには、感謝しているよ」
「たっ!ふっ!ぐっ!ん?遅かったな!
もう訓練を始めているぞ。さあ、早く構えてくれ!」
「剣の扱いにも慣れてきた。扱い一つをとってもなかなか奥深いものだな。
ん?お前もやってみるか?」
「人に心配をかけたときには抱き着いて無事を確かめるらしい。ふむ、こうか?
それとも、こうか?…ん…自分で自分を抱きしめるのは難しいな」
「この髪か?これはシルフが結ってくれたのだ。
フフ…私のチャームポイント、だな」
「フフ、人間の世界は興味が尽きないな。次は何をしようか」
「ん?休憩か?ならば、街の名産品食べ歩きを提案したいのだが!」
「どこからか、いい匂いが!じゅるるるる…あ!すまない」
「これほど早く食料が尽きるとは…
ん?なぜ私を見る?な!?私のせいではないぞ!」
 

アスベル

攻撃(連撃)「そこだ!」
攻撃(1hit)「たあっ!」
術技発動「見切った!」
OLゲージMAX「調子に乗るな!」
覚醒ゲージMAX「今度こそ、守ってみせる」
秘奥義(覚醒)「終わらせてやる!全てを切り裂く!獣破轟衝斬!」
被ダメ「ぐぁっ!」
戦闘不能「こんな…ところで……」
ホーム画面「リチャードも国王として、自分の責務を果たしている。
俺もこの世界のために、果たすべき事を全うしよう」
「みんな実力者ばかりだ。いつか手合わせ願いたいな」
「困った時は遠慮なく言ってくれ。手を差し伸べるのは騎士の役目だ」
「幼い頃から、ずっと騎士に憧れていたんだ。
叶った時は、言葉にできないくらい嬉しかった。
でも…実際はそこからが始まりって事なんだよな」
「誰かの笑顔を守る為なら、俺はどこまでも頑張れる気がする」
「俺たちなら絶対に大丈夫だ。今まで一緒に乗り越えてきただろ?」
「答えが出ない問題って多いな。…全てが分かる日が来るんだろうか」
「はぁ…腹が減った。カレー食べたいな。
あっ、噂をすればいい匂いが!うまそ〜」
「カレーを食べる時、みんなから上着を脱げって言われるんだよ。
…服が白いから、なのか?」
「うぅ…いつもより動いたせいで、眠いな。う〜ん…うぅ〜ん…」
 

カノンノ・E【破滅へと導く者】

攻撃(連撃)「死にたいの?」
攻撃(1hit)「まだいたの?」
術技発動「これでとどめ」
OLゲージMAX「さあ、始めようか」
覚醒ゲージMAX「さあ、始めよう…」
秘奥義(覚醒)「滅びよ、命のあるもの全て!
欠片も残さず全て焼き尽くしてあげる!エターナル・エンド!!
…これこそが、私の使命…」
被ダメ「今、何かした?」
戦闘不能「どうして…皆が…泣くの?」
ホーム画面「この世界の完膚なきまでの破壊。それこそが私の使命」
「命の滅びに対して、抱く感情なんてない。
私はただ、成すべことをしようとしているだけ」
「私の存在意義?世界を壊すこと以外、他に、何があるっていうの」
「もっと聞きたいの、世界の悲鳴を!
私が使命を果たせてるって証拠を…もっと…」
「綺麗な空…もうすぐこの空も、闇に包まれる」
「私を呼んだのは、あなた?…何?骨まで焼き尽くされたいの?」
「さあ、おいで。今、楽にしてあげる」
「大人しく、私に従えばいい。
痛みすら感じる間もなく、終わらせてあげるから」
「わからない…どうしてそうまでして、この世界を守ろうとするの?」
「ぐっ!胸が、苦しい…そんな、大事そうに…私のことを呼ぶのはやめて!!」
 

エステル【学園風衣装】

攻撃(連撃)「それっ!」
攻撃(1hit)「重ねます!」
術技発動「これでどうです?」
OLゲージMAX「いきます!」
覚醒ゲージMAX「これで決めます!」
秘奥義(覚醒)「邪と交わりし、悪しき魂に清き聖断を!セイクリッドブレイム!!」
被ダメ「あぁっ!」
戦闘不能「ごめん…なさい…」
ホーム画面「えっ?あっ…す、すみません、本に夢中で気がつきませんでした。
この本とってもおもしろいんです!よかったら一緒に読まないです?」
「本が好きな人がたくさんいて嬉しいです!
いろんなお話をしてみたいですけど、少し緊張しますね」
「いつか絵本を書いてみたいんです。読む人に夢を与えられるような…。
もし書き上げたら読んでくれます?」
「みんなで作ってみんなで食べる食事ってとってもおいしいですね!
…あっ、リタ?好き嫌いはダメですよ?」
「わたし、これでも剣の嗜みはあるんですよ?
でも、なかなか信じてもらえなくて…どうしてなんでしょう?」
「お城にいては聞くことのできない声に耳を傾けたいんです。
…わがままなんでしょうか?」
「遺跡とか話に聞いていたものとかの実物を前にするとつい嬉しくなってしまって…
あっ、で、でも目的は忘れていませんよ?」
「旅先で訪れる街や建物にも歴史がありますから、調べてみるのも楽しそうです」
「驕らず、行動は慎重に。勝って兜の緒を締めよ、です!」
「こうして、この素晴らしい景色を見ていると、
わたしの小さかった世界がもっともっと広がっていくのを感じます」
 

エリーゼ【学園風衣装】

攻撃(連撃)「それっ!」
攻撃(1hit)「えいっ!もっとです!」
術技発動「私のとっておきです!」
OLゲージMAX「弾けました!」
覚醒ゲージMAXティポ「ぼくたちの力!」
エリーゼ「見せちゃいますよ!」
秘奥義(覚醒)ティポ「目標ロック!」
エリーゼ「チャージ完了!」
エリーゼ&ティポ「発射!」
ティポ「覚悟しろ~!ただいま!」
エリーゼ&ティポ「リベールゴーランド!」
被ダメ「いたっ!」
戦闘不能「こんなの…いや、です……」
ホーム画面エリーゼ「大切なものは、ティポの中にしまうんです」
ティポ「ぼくってば万能でしょー」
「小さい一歩でも、少しずつ前に進んでるから、大丈夫です」
「動物のお友達を連れてる人もいるんですね。仲良くなれるかな…」
「たくさんのお友達ができて、嬉しいです!」
「仲良しがいっぱいだと、嬉しいですよね!」
「いろんな人にお話を聞けるのは、楽しいです。
こ、怖い話は…苦手、ですけど…」
ティポ「エリーの夢はね!」
エリーゼ「ティポ!」
ティポ「ひゃぐっ…むぐっ、もごご…」
エリーゼ「な、ナイショです!」
ティポ「まだ戦うのはちょっと怖いけどー」
エリーゼ「一生懸命援護します!」
ティポ「がんばろー!」
エリーゼ「はいっ!」
「は、はい!なんでしょう?なにかお手伝いすること、ありますか?」
「怪我、してませんか?危ないときは、私が代わりにがんばります!」
 

ロゼ【学園風衣装】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

スレイ【正装】

攻撃(連撃)「はぁ!」
攻撃(1hit)「まだまだ!」
術技発動「これでどうだ!」
OLゲージMAX「いくぞ!」
覚醒ゲージMAX「一気にいくぞ!」
秘奥義(覚醒)「限界を超える!剣(つるぎ)よ吼えろ!雷迅双豹牙!」
被ダメ「ぐぁっ!」
戦闘不能「みんな、ごめん…」
ホーム画面「自分の目で確かめたときにこそ、世界の本当の姿が見える」
「遺跡調査?そりゃあ、わくわくするよ!たまに、危険なこともあるけどね」
「オレには家族がたくさんいるんだ!今度紹介するよ!」
「大丈夫!きっとなんとかなるよ。さあ、先に進もう!」
「魔物が強くなっている気がする…注意して進まないと」
「やるからには全力でやった方がいいだろ?ほら、一緒に頑張ろう!」
「遺跡や建造物以外にも例えば食べ物から分かることもあったりするから、
歴史って面白いんだよ!」
「うん、オレの剣って実は儀礼用なんだ。
刃が付いてないから必要以上に傷つけなくて済むしね」
「旅をして、色んな人に出会って…オレも少しだけど成長できた気がするんだ」
「てぇあ!はぁあ!そうだね、毎日の稽古は欠かせないんだぁ!!
うん、そろそろ休憩にするよ」
 

ティア【正装】

攻撃(連撃)「そこっ!」
攻撃(1hit)「甘いわ」
術技発動「隙だらけよ!」
OLゲージMAX「調子に乗らないで」
覚醒ゲージMAX「今なら、行ける気がするわ!」
秘奥義(覚醒)「汚れなき風、我に仇なす者を包み込まん、イノセント・シャイン!」
被ダメ「この程度…」
戦闘不能「情け、ないわ……」
ホーム画面「こうして色んな才能を持った人たちが集まるなんて、貴重な機会ね」
「ごめんなさい気付かなくて。何かしら?」
「他の人が連れてる動物たちも、みんな可愛い……!はぁぁぁ…」
「大変な旅だけれど、たまに素敵な景色を見られたりすると癒されるわね」
「朝ね……、ふう……。少しだけ、疲れが残ってるかしら。(欠伸)…おはよう」
「えっ、歌声が綺麗?…あ、ありがとう」
「その…、私の料理は兄さんから教わったから……男の料理、って感じよね」
「ルーク?ここにいるの?もー…何処に行ったのかしら…」
「休息も大事よ。いざと言う時に体が動かなくては困るもの。休める時に休んでおくべきだわ」
「ルークったら…どうしてあんなに可愛いミュウをいじめるのかしら…」
 

ルーク【正装】

攻撃(連撃)「たあ!」
攻撃(1hit)「くらえっ!」
術技発動「ふっ、やっ、せやっ!」
OLゲージMAX「許さねえ!」
覚醒ゲージMAX「やってやるぜ!」
秘奥義(覚醒)「これで決めてやる!響け!集え!全てを滅する刃と化せ!ロスト・フォン・ドライブ!」
被ダメ「っ、しくった!」
戦闘不能「ここまでなのかよ……」
ホーム画面「みんなを信じる!……いや、みんな俺を信じてくれ、かな」
「倒しても倒しても復活する敵…!あぁ、もう勘弁してくれ!
俺は…終わりにしたいんだ」
「さっきの戦闘どうだった?自分ではイケてたと思うんだけど…」
「ふっ、たぁっ、やぁぁ!……はぁはぁ、お?どうしたんだ?
俺の訓練なんか見ても、別に面白くなんかないだろ」
「強くなりたいと思うよ…でもそれは何かを捨ててとか犠牲にしてとかじゃ、
だめなんだ…」
「どうしたんだ?何か困ってることがあるなら遠慮せずに言えよ」
「明日は晴れっかな~ま、こんだけ雲がなけりゃ 晴れるだろ」
「何でこう何度も暑い場所に行くんだ?ふぅ~~あっちぃ」
「おい!怪我したのか?ちょっと待ってろよ!今、治療の道具借りてくるからな!」
「夢を見たんだ…俺がバカやっちまう夢………っふふ、成長しないな、俺」
 

リタ

攻撃(連撃)「はっ!」
攻撃(1hit)「当たれ!」
術技発動「受けてみなさい」
OLゲージMAX「させないよ!」
覚醒ゲージMAX「研究の成果、見せてあげる」
秘奥義(覚醒)「万象を成し得る根源たる力…太古に刻まれしその記憶…
我が呼び声に応え、今此処に蘇れ!エンシェントカタストロフィ!
これがあたしの研究成果よ」
被ダメ「何すんのよ!」
戦闘不能「覚えて…なさいっ……」
ホーム画面「外に出て、新しい発見もあったし、旅も悪くないって思ってるわよ。
…って、どうしてあたしがこんな感想文みたいな事言う流れになってんの!」
「ふ~ん…まあまあ話せる頭の持ち主もいるみたいね。あたしほどじゃないけど」
「あたしに不可能なんてないんだから。見てなさい」
「物は上手く使ってこそ意味があるんだから。ちゃんと考えて使いなさいよ」
「料理なんてめんどくさいし、時間の無駄じゃない。パンに野菜でも挟んどけば?」
「魔導器(ブラスティア)は嘘をつかないし、あたしにちゃ〜んと答えてくれるから」
「危険な魔物もたくさんいるけど、研究対象としてはちょっと興味あるわね…」
「これから調べものするから。邪魔したらぶっ飛ばすわよ。
フリじゃないわ。ほんと〜にぶっ飛ばすからね!」
「何よ、エステルは元気かって?
…な、なんであたしにそんな事聞くのよ。意味分かんないんだけど」
「かわいい服?そんなもの着てどうすんのよ。実用性ないじゃない」
 

ジューダス

攻撃(連撃)「ふんっ!」
攻撃(1hit)「どこを見ている!」
術技発動「煩わしいな」
OLゲージMAX「邪魔だ!」
覚醒ゲージMAX「終わらせに行くぞ!」
秘奥義(覚醒)「切り刻む!魔人千裂衝!」
被ダメ「ぐはっ!」
戦闘不能「僕には……無理だったのか……」
ホーム画面「回りくどいな。僕のことを疑っているのならそう言えばいい」
「あれは…剣を売っているのか。気になるな。悪い、少し寄らせてくれ」
「僕がおかわりを頼んで何が悪い。食べたいから食べる。自然なことだろう」
「僕はお前たちより眠る時間が短いだけだ。
ほら、朝だぞ。
さっさと起きて顔でも洗って来い」
「勝手に思い違いをしていろ。僕がお前の心配など、すると思うか?」
「間違いを犯す奴らは、自分が間違っているとは思っていないものだ。
その行為に信念を持つ奴すらいる」
「さて、出かけるとしよう。ん?お前が行き先を知っているんじゃないのか。
……知らないだと?」
「プリンに生クリーム?
僕は甘いものが好きというわけではないんだが……まぁ、悪くはない。」
「僕が言えるのは、自分の心に正直になれということだけだ。
それ以上言えることは何もない」
「僕は問題ない。ダメージを受けないように努めていたからな。
それに比べてお前は……もう一度鍛え直した方がいい」
 

リリス

攻撃(連撃)「たぁっ!」
攻撃(1hit)「そぉれっと!」
術技発動「とどめ!」
OLゲージMAX「いい加減にしなさいよね!」
覚醒ゲージMAX「覚悟しなさぁ〜い!」
秘奥義(覚醒)「それはそれとして、とりあえず超奥義!サンダーソード!!とか言ってみたりして」
被ダメ「きゃあっ!」
戦闘不能「甘く…見てたかも…」
ホーム画面「いいですか?お玉はこう持ってっ…あぁっ、違います!
少し角度がっ……、んんんっ…やっぱり貸してください!」
「みんな頑張ってるんですから、きっとうまくいきますよ!
ねっ、あたしもちゃんと後押ししますから!」
「右手にお玉を、左手にフライパンを!横たわりし者に正義の鉄槌を!
唸れ、エルロン家秘技!死者の目覚め!!」
「あたしも強くならなくっちゃ!
強くなるって言っても力だけじゃない、胃袋を掴むことも強さの秘訣でしょ?」
「これだけ人数がいると、家事のやりがいがありますね!」
「んん?このお店の野菜の方が少し新鮮だけど、向こうの方が安いっ!」
「お兄ちゃぁん!?ちょっと目を離すとすぐ寝ちゃうんだからぁ!もぉ〜!」
「右手にお玉!左手にフライパン!これで無敵ですっ!」
「…んんん…むにゃぁ…お兄ちゃぁん?もう、起きないとダメですよぉ〜?…んんっ…」
「何度誘われても、コングマンさん引退後の闘技場は引き継げません!」
 

カノンノ・E【カフェ店員】

攻撃(連撃)「そこっ!」
攻撃(1hit)「はいっ!」
術技発動「そ〜れ!」
OLゲージMAX「負けられないの」
覚醒ゲージMAX「誰も傷つけさせない!」
秘奥義(覚醒)「継がれゆく意思…今を越える力になるの! 刻め、ラヴ・ビート!」
被ダメ「きゃあ!」
戦闘不能「ごめん…ね……」
ホーム画面「マーボーカレーの香り…。あっ、鍋に残ってる!一口もらお。
もぐもぐ……んぐぐ…辛いよ〜!」
「新しい事ばかりで、あたふたするのも多いんだけど、それでも大丈夫だよ。
だって私にはあなたも、みんなもいるから」
「私知ってるよ。リオンとリタって、素直じゃないけど優しいんだ。
あ、あぁっ!聞こえてた!」
「えへへっ、いい人たちばかりでなんだか嬉しいな」
「今レモンカード作ってるの。出来上がったら食べてほしいな」
「私は…私には色んな人たちが教えてくれた事が、たくさん詰まってる」
「い、いっぱい人がいるから、食事の準備が大変。…頑張らなきゃ」
「お料理は教わったから、少し自信があるよ。
食べてみる?分かった!すぐに作り始めるから待ってて」
「大変な時だからこそ、体を大切にしないとね。
私の健康法?えっとね…体操と、毎日のご飯と…笑顔でいる事かな」
「あぁっ、びっくりした〜。え?買い物?分かった、一緒に行こう!」
 

ルドガー【カフェ店員】

攻撃(連撃)「はあぁっ!」
攻撃(1hit)「次!」
術技発動「終わりだ!」
OLゲージMAX「たあっ!」
覚醒ゲージMAX「俺に任せてくれ!」
秘奥義(覚醒)「はっ! 祓・砕・斬! はあああぁぁっ… 零水!!」
被ダメ「うわぁー!」
戦闘不能「ここまでか…」
ホーム画面「ご飯完成っと。誰か味見してくれる人は居ないかな?」
「ん?どうしたんだ?お腹が空いたなら、軽い食事でも作ろうか?」
「よし、エルがトマトを食べられるように、色々料理を工夫してみるか」
「んー…、明日の食事メニュー、どうしようかな…」
「戦いの無い世界になったら、シェフになるのもありかな」
エル「ねぇ、ルドガー」
ルドガー「ん?」
エル「お鍋ぐつぐつしてる!」
ルドガー「うっ、不味い、火加減を間違えた!」
ルドガー「よし、掃除終了っと。エル、お茶にしようか?」
エル「うん。さっき買ってきたケーキ食べる?」
ルドガー「ああ、出してくれるのか?」
エル「うん!エルは、ルドガーのアイボーだからね!」
ルドガー「エルー、食材が切れたから買い物に行くけどー?」
エル「もちろんついてく!エル、荷物持ち手伝うね!」
ルドガー「ふふっ。ありがとう、エル。助かるよ」
エル「あーっ!ルドガー、こっち来て!!」
ルドガー「そんなに慌てなくても…」
エル「すぐじゃなきゃダメなの!ねえねえ、あれって虹っていうんだよね?」
ルドガー「ああ、すごいな!虹を見つけるなんて、エルは運がいいんじゃないか?」
エル「えへへー、でしょ?」
エル「ただいまー!」
ルドガー「おかえり、エル。ルルの猫集会はどうだったんだ?」
エル「あのね!ルルだけ、風格が違うって感じだった。流石ルルだね!!」
 

コレット【カフェ店員】

攻撃(連撃)「えいっ!」
攻撃(1hit)「そ〜れ!」
術技発動「え〜い!」
OLゲージMAX「本気でいくよ」
覚醒ゲージMAX「なんかいけそうかも!」
秘奥義(覚醒)「御許に仕えることを許したまえ…響け、そうれ……
あ…間違えちゃった…失敗、失敗、えへへっ……あれ?」
被ダメ「いたいっ!」
戦闘不能「みんな…ごめんね…」
ホーム画面「宿題はちゃんとやらないと…、あっ!ロ〜イド〜!
逃げちゃだめだよ〜?ばれたら宿題増えちゃうよぉ〜?」
「ほしいもの?…んんん~〜、あぁっ、フルーツ!
私ねっ、フルーツ好きなんだ〜!」
「ふ〜んふふ〜ん、ふ〜ん♪……っ!?どうしてあなたがここに!?
…ぁっ…これはっそのっ、編み物をしてただけで…はずかしいなぁ…」
「ほらっ!こうして両手を重ねて…、あれっ、手冷たいね?
…ふふっ、でもだいじょぶだよ!こうしてたらすぐにあたたかくなるよっ!」
「旅をしてると、いろんなところでたくさんのわんちゃんと
お友達になれるんだよっ!わんわんっ!」
「こうやって、今日を生きてるって…すばらしいことだと思うの」
「みんなお料理上手だね〜!私も教えてもらおうかなぁ?えへへっ…」
「その〜…ご飯を作る時、ピーマンを抜いてほしくてっ……、だめ、かなぁ?」
「みんなと一緒だから、きっとだいじょぶだよ!
心の奥があたたかくなるんだ…えへへっ…」
「壁の近くで転ぶと、壁に穴が空いちゃうから…。
なるべく、真ん中を歩くね?そおっと…そお〜っと……」
 

ルーク

攻撃(連撃)「くらえ」
攻撃(1hit)「蹴散らしてやる」
術技発動「おらおら!邪魔なんだよ!」
OLゲージMAX「許さねぇ!」
覚醒ゲージMAX「見せてやるよ!」
秘奥義(覚醒)「うおぉぉぉ!!喰らいやがれっ!!」
被ダメ「やっべぇ!!」
戦闘不能「マジか…だっせぇ…」
ホーム画面「よし…「今日も俺が一番活躍してた」っと!…ヘヘ。うぉっ!?
て、てめぇ!人の日記勝手に覗いてんじゃねぇ!」
「よっし!お前ら!親善大使の俺についてこい!」
「ティアのやつ…ブタザルのどこが可愛いんだ?」
「はぁ~たりぃ、疲れた…んー。なぁ!休憩しようぜ。別に急ぐ事ねぇって」
「うっぜぇなぁ。何ヘコんでんだよ。こっちまで気が滅入ってくるから、
さっさと元に戻りやがれっての」
「趣味?んー趣味ってぇと…何だ?っ…急にきかれても解んねぇな。
ん…けど、剣の稽古は好きだぜ!」
「字が汚い?よ、余計なお世話だっつぅの!!読めるんだから良いだろ!」
「なぁ!俺、旅を始めた頃に比べて結構強くなったよな?…な!」
「しっかし、最近はあっちこっち旅してるよな。前はずっとバチカルに居たのによ」
「んっ!くすぐってぇじゃねぇか!人の事…ツンツン…つついてんじゃねぇ!」
 

ミラ【水着】

攻撃(連撃)「ふっ!」
攻撃(1hit)「そこを退け!」
術技発動「さあ、終わらせるぞ!」
OLゲージMAX「よし、いくぞ!」
覚醒ゲージMAX「立ち塞がる者は、倒すのみ!」
秘奥義(覚醒)「やるぞ!集え、地水火風!
転ずるが如く、化するが如く、我が剣となれ!スプリームエレメンツ!」
被ダメ「この程度…ぐっ…!」
戦闘不能「慢心…したか……」
ホーム画面「人間の中にも、精霊について理解のある者もいて助かるよ」
「天族か。どのような者たちなのか、会って話をしてみたいものだ」
「私は燃費が悪いと言われたのだが、そんなにたくさん食べているだろうか?」
「無理は負傷に繋がる。休息を忘れないようにな」
「ふふっ。共に歩む仲間たちは、皆強者揃いで頼もしいよ」
「私は、私の道を進みたいと思っている。一人ではなく、仲間と共にな」
「なるほど。人間の住む世界は、地域によって環境が異なるのだな」
「…ん?ああ、四大か?私の側にいるよ。実は喧嘩もあったりしてな。
よく寝てばかりのノームにイフリートが怒るのだ。まあ、元気で何よりだ」
「それはジュードの夕飯か?うん…うまそうだ…。
……ん?くれるのか?有り難う!では一口頂く事にしよう!」
「かたたたき、とは?…ん?おお、やってみせてくれるというのか?有り難い。
…ああっ…痛っ…。んん……うぅん…これは…素晴らしいな!」
 

ミクリオ【水着】

攻撃(連撃)「はっ!」
攻撃(1hit)「水よ!」
術技発動「敵を穿て!」
OLゲージMAX「好きにはさせない!」
覚醒ゲージMAX「水の真髄、思い知れ!」
秘奥義(覚醒)「流れを見切る!手は抜かないぞ!そこだ!クリアレストロッド!」
被ダメ「うあっ!」
戦闘不能「僕としたことが……」
ホーム画面「くっ、寄って集って水鉄砲で僕を狙い撃ちするとは!
……分かった、そっちがその気なら、水の天族の本気を見せてあげよう」
「海へ行くなら絶対に持っていけと、エドナが渡してくれたんだが……。
ピヨピヨフロート……、やっぱりこれは嫌がらせだよな?」
「ちょっ、僕に水鉄砲を向けないでくれ!せっかくの服が濡れて……あ、水着だから問題ないのか」
「海水はかなりしょっぱい。一体どれくらいの塩が溶けているんだろう?」
「ピヨピヨフロートが可愛いことは認める。
けどこんなもので、海の危険を克服できるとは思えない」
「目隠しして、ぐるぐる回ってスイカを割る、と。……簡単そうだね。
よし……ここだ!ん、違う……ここか!?せい!
……え、時間切れ?も、もう一度、やらせてくれないか?」
「水を操れることと泳げることに関連性はないよ。
……僕の場合はどうかって?ふっ、関連性がないことは実証済みさ」
「おお、ピヨピヨフロートを正しく着用したら海に浮かべた!
ふむ、この形状には特別な浮力を生む秘密があるんだろうか?」
「女性陣の水着姿が見られるって?……ぼ、僕はいい!そういうの興味ないし……」
「海はどうやって出来たのか……、
あはは、雄大な海を見ていると、雄大な疑問がわいてくるものだね」
 

リタ【水着】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ユーリ

攻撃(連撃)「せいっ!」
攻撃(1hit)「そらよっと!」
術技発動「も一つ食らいな!」
OLゲージMAX「飛ばしていきますか!」
覚醒ゲージMAX「決めさせてもらう!覚悟!」
秘奥義(覚醒)「これで決める!閃け、鮮烈なる刃!無辺の闇を鋭く切り裂き、仇名す者を微塵に砕く!
決まった!漸毅狼影陣!!はあああぁぁッ!とどめだ!!」
被ダメ「ぐっ」
戦闘不能「マジかよ…くっそ……」
ホーム画面「昔っからフレンのやつにはなかなか勝てねぇんだよなぁ」
「任せろよ。大船に乗った気で付いてきな」
「ん?なんかいい匂いがすんな。お前料理でもしてたのか?」
「てめぇで選んだ道に後悔なんかねぇさ。
後悔するとしたら、自分で選ばなかった時だろうぜ」
「剣技?あぁ…初めは教わった通りそれなりにやってたんだけどな。
いつの間にかああなったってとこだ」
「前に進む方法は一つじゃねぇ。俺の道は騎士団じゃなかった。それだけだ」
「俺の周りも随分と個性豊かなやつらが揃ってきたな。
…ん?自分で言うなって?いや、俺は普通だろ」
「料理するかって?まぁ、それなりにな。
凝ったもんは作れねぇけど、腹を満たすくらいならなんとでもなるぜ」
「ま、どうにかなるだろ。帰りだって適当に歩いてりゃそのうち家に着くさ。のんびりいこうぜ」
「物事は引き際ってのも大事だからな。無理すんなよ。
無理するくらいなら逃げちまえ。そっちの方がいいって場合もある」
 

スタン

攻撃(連撃)「はっ!」
攻撃(1hit)「そこだ!」
術技発動「燃えろぉ!」
OLゲージMAX「燃えるぜ!」
覚醒ゲージMAX「もう止められない!行くぞぉ!」
秘奥義(覚醒)「舞え!紅蓮の翼!皇王天翔翼!」
被ダメ「しまった!」
戦闘不能「負けられ…ない、のに…」
ホーム画面「ほえ~…俺より年下なのに難しい事知ってる子がいる…」
「がぁああ…ぐぉおお…がっ…はッ!!ね、寝て無い!!寝て無いぞ!!」
「よいしょっと…これで洗濯は終わり!買い物しに街に出るか!」
「俺の周りって凄い人ばっかりだよな。俺も負けない様に頑張るぞ!」
「せや!はっ!…よし!今日も良い感じだ。俺も強くなっている気がする」
「出発か。どれくらいかかるかな。途中で腹が減らなきゃ良いけど」
「リオンって強いし良い奴だろ。俺の友達なんだ。へへん!」
「ルイニス街の人たちは皆はあったかくて良い人ばっかりなんだ!
…本当に良い街でさ…」
「難しい事は良く解らないけど…とにかく材料を斬ればいいんだな!
いっしょしゃあ!任せろ!!うぉおりゃああぁあ!!」
「うーん…どうやったら朝って起きられるんだ?秘訣とかあるのか?」
 

エステル

攻撃(連撃)「は!」
攻撃(1hit)「隙ありです!」
術技発動「逃しません!」
OLゲージMAX「いきます!」
覚醒ゲージMAX「清浄の力、今こそ我が手に!」
秘奥義(覚醒)「邪と交わりし、悪しき魂に清き聖断を! セイクリッドブレイム!」
被ダメ「きゃあ!」
戦闘不能「一緒に、戦いたかった…」
ホーム画面「リタは初めてできた同年代のお友達なんです。
実は明日、一緒にお買い物に行くんですよ。ふふっ、楽しみです」
「リタったら、食事は栄養さえ取れれば、味なんてどうでもいいだなんていうんですよ。
でも私諦めません。リタに美味しいって言ってもらえるよう頑張ります」
「私達の力で道を切り開きましょう!文字通り『一刀両断』!
…ってあれ?なんか違います?」
「ふふん♪ふっふふ~ん♪…あ!ずっとそこにいたんです?
…もしかして、聞かれてしまいました?」
「あ、あのー、今日の食事は少なめでお願いします。その…最近ちょっと、お腹周りが…
あ!大きい声で言い直しちゃだめです!」
「ふふっ、ユーリの作ったお料理いつも美味しいです。もう一つ頂いてもいいですよね?」
「最近お料理の練習をしてるんです。みんなに上達したって褒めてもらいました」
「私、お城を出て良かったと思います。
街の活気、人々の声、知ること全てが新鮮に感じられるんです」
「みんなで力を合わせれば、きっとより良い世界にできます。だから、頑張りましょう!」
「みなさん、とても強い方々なので勉強になります。私も頑張らないといけないですね」
 

ティア【アイドル】

攻撃(連撃)「それっ!」
攻撃(1hit)「やっ!」
術技発動「覚悟!」
OLゲージMAX「調子に乗らないで!」
覚醒ゲージMAX「この力で戦況を変えてみせる!」
秘奥義(覚醒)「穢れなき風、我に仇なす者を包み込まん、イノセント・シャイン!」
被ダメ「まだまだ…!」
戦闘不能「ごめん…なさい……」
ホーム画面「誰だって苦手なものの一つくらいあるものだわ。
私の弱点?それを聞いてどうするつもり?」
「ああ見えて、時々ルークの言葉にはハッとさせられる事があるわ。
良くも悪くも純粋なのね」
「これだけの人が集まったのだもの。きっといい方向へ進めるわ」
「こんな所で寝てると風邪を引くわよ。ほら、起きて!」
「洗濯物を干しましょうか?…え!?家事くらいするわよ…」
「ミュウは本当にルークが好きなのね。どこがそんなにいいのかしら…」
「たまに昔の服を着ると胸辺りがキツくて…。太ったのかしら…」
「ちょっ、そんなにつつかないで…。く、く、くすぐっ…あはっ、あははは!」
「あそこのお店にあるぬいぐるみ……可愛い」
「か、可愛い服装に興味がないわけではないけど、私には似合わないから…。
…えっ、そんな事ない?そ、そう…ありがとう…」
 

ソフィ【アイドル】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「食レポもアイドルの仕事…はむ、むぐ……このカレーは美味しいです。他にはって…カレー美味しいよ、あなたも食べてみる?」
「明日はライブなんだ。ライブは…えーっと…歌とか踊りを披露する場所らしいの。私?私は踊り担当だって。…ジャンプすればいいのかな?」
「アイドルは笑顔が一番なんだって。だから私も一流アイドルとして…皆に笑顔、届けたいな。」
「あ、え、い、う、え、お、あ、お。滑舌の練習、上手く言えた…ふふ、嬉しい。」
「アピール…私はカニタマが好きで、ロイヤルカニタマが食べられるなら、どこまでも頑張れる。だから、私をカニタマ大使にして欲しい…駄目、かな。」
「ねえ、このシュシュは手首に付けるものなのかな、それとも…髪?あなたは、どっちが良いと思う?」
「教えて貰ったの、これがアイドル風の敬礼なんだって。いつもと同じ敬礼…って?……ちょっと違うんだけどな。」
「…自己紹介が必要なの?わかった。元気ルンルン、みんなのソフィだよー、宜しくねー。…これでばっちりかな。」
「ねえ、一緒に歌おう?最初は、歌うってどういうことかよくわからなかったけど…歌ってみたら、楽しかったから。二人なら、もっと楽しいよ?」
「ここでステップ、くるっと回って…ジャーン。どうかな、これなら勝てそう?戦いじゃないから、勝ち負けは無いんだっけ…そっか。」
 

エドナ【アイドル】

攻撃(連撃)「ほら」
攻撃(1hit)「それそれー」
術技発動「隙だらけね」
OLゲージMAX「調子に乗るな!」
覚醒ゲージMAX「覚悟は出来た?」
秘奥義(覚醒)「跪け!這いつくばるのがお似合いね。ヴェネレイト・マイン!」
被ダメ「痛いわね」
戦闘不能「私が、しくじるなんて……」
ホーム画面「アイドル?ふーん…アナタはこういう格好がお好みってこと?いい趣味してるわね」
「凝った衣装だから動きづらいかと思ったけど…なかなか動きやすいわ。はっ、あっ…。いいわね、これ」
「さあ、ライブね。ちょっと、なにグズグズしてるの?ここからが本番。気合い入れて行くわよ」
「あら、誰か楽屋裏で歌ってる。ふーん、次のステージで歌う曲かしら。元気でいい曲じゃない」
「誰かに喜んでもらうことが嬉しい、なんてそんな甘いこと、少しも思ってないわ。…少しもね」
「このまま戦うのは難しいんじゃないかしら。それにこの服も…なるべくなら汚したくないし」
「ステップ?へぇ、そんなものがあるの?右、左、上、下…。早速疲れた。休憩するわよ」
「歌は…何ならワタシの代わりにアナタが歌ってもいいわよ。そんなに歌いたかったなんて、気づかなくてごめんなさい?」
「なにジロジロ見てるのボーヤ。ワタシが可愛いからって見ないでくれる?いろいろと減るわ」
「あの観客席の光はアイドルごとに色が設定されてるのね。ワタシは…黄色かしら。安直な気もするけど」
 

リオン

攻撃(連撃)「くだらん」
攻撃(1hit)「邪魔だ!」
術技発動「逃がさん!」
OLゲージMAX「僕の邪魔をするな!」
覚醒ゲージMAX「ふっ…力が…漲る!」
秘奥義(覚醒)「いい気になるな!塵も残さん!奥義!浄破滅焼闇!!
闇の炎に抱かれて消えろ!」
被ダメ「貴様!」
戦闘不能「ぐっ!この僕が…」
ホーム画面「用がないなら僕に構うな」
「スタン以外にもお人好しがいるようだな…全く」
「仲間が多いからといって油断はするな、命取りになるぞ」
「力不足を嘆いている暇があるなら、努力したらどうだ?
何もせず力がつくなど、あるわけないだろう」
「おい、僕の剣をじろじろ見るな!見世物じゃない」
「僕の家族について?…お前に教える義理はない」
「間食にプリン?…別に貰ってやっても構わない」
「僕が女顔?誰が言った!切り伏せてやる!!」
「おい、まさか道に迷っている訳じゃないだろうな?」
「ふぅ…馬鹿の相手は体力を消耗する。休憩するぞ、ついてこい!」
 

ゼロス

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「俺様がついてるんだ。泥船に乗ったつもりでいてくれたまえ!
がはははは!」
「おいおい、無理してんじゃねえぞ~ほらっ…と…大丈夫か?」
「このパーティ、可愛い女の子も多いけど、野郎も多いなぁ…ちぇ…」
「は?しいな!?あ、あ、あ、あれだよ腐れ縁ってやつだ!
気にしなくていいぜ~」
「ロイドは俺のハニーだ。だから俺は、あいつの味方な訳よ」
「神子っつっても、面倒くせえし!そんないいもんじゃないぜ…」
「旅をしてりゃ、デートに使える
絶景世界地図が作れそうだな~でひゃひゃひゃひゃ!」
「「能ある鷹は羽目を外す」って言うだろ?俺様の幅広い才能が怖いぜぇ…」
「俺様、こう見えて秀才なんだぜ~惚れ直したろ~?」
「おいおい、まさか野宿じゃねえよな~?
勘弁してくれよ~ってぇ!…マジで野宿かよ…」
 

アッシュ

攻撃(連撃)「はぁ!!」
攻撃(1hit)「雑魚が!!」
術技発動「ふぉあぁあ!!」
OLゲージMAX「舐めるなぁ!!」
覚醒ゲージMAX「後悔しても遅い!!」
秘奥義(覚醒)「雑魚が近寄るんじゃねぇ!砕け散れ!絞牙鳴衝斬!!…話にならんな」
被ダメ「痛ってぇな…クッ!」
戦闘不能「なっ…ふざけ…やがって…」
ホーム画面「何をジロジロ見ている?俺が休んでいるのがそんなに珍しいか?」
「フン!生きていたか…それならそれで良い。…行くぞ!」
「俺と似た顔の奴を見ただと?…フン!…忘れちまえ!」
「居場所なんざ何時奪われないとも限らねぇんだ…
精々手放さないように用心するんだな」
「おい、食材なんか並べて何のつもりだ?
まさかお前の為に料理しろとでも云うつもりじゃないだろうな?」
「チッ!!俺としたことが、これしきで傷を負うとはな…クッ!
おい…そこの薬を…寄越せ」
「もう用は済んだか?なら行くぞ」
「自分の命を預ける剣の手入れを欠かさないのは当然の事。
お前も精々後悔しないようにするんだな」
「えぇい!!俺の前でチョロチョロするんじゃねぇ!!気が散るだろうが!!」
「戦いに身を置くと決めたのは俺自身だ。
これが俺の生き方だ…口出しはするな」
 

ベルベット

攻撃(連撃)「たぁ!」
攻撃(1hit)「焼けろ!」
術技発動「せぇい!」
OLゲージMAX「せやぁ!」
覚醒ゲージMAX「喰らい尽くす!」
秘奥義(覚醒)「容赦しない!消えない傷を刻んで果てろ!!リーサル・ペイン!!」
被ダメ「しまった!」
戦闘不能「そんな…馬鹿な」
ホーム画面「途中で倒れたりしたら、それこそ迷惑よ。
だから、調子が悪い時はちゃんと正直に言いなさいよ」
「ねぇ…あんたは知ってる?何故鳥が空を飛ぶのか」
「あたしのキッシュはね、お店で売ってるのより美味しかったんだから」
「ちょっと…もう一回触ったら、あんたを喰らうわよ」
「料理や掃除の事は全部姉さんに教わったのよ。温っかくて優しい人だった…」
「は?髪を梳かしてやろうかって?じ…自分でやるから、いいわよ…」
「あたしは諦めない…何度だって喰らいついてやる…」
「生憎あたしは簡単に髪を触らせるような女じゃないのよ」
「ふぅん?あんた料理をするんだ。
なら、今度とっておきのレシピを教えてあげるわ」
「自分で決めたなら、あんたの好きな様にやりなさい…骨は拾ってあげるわ」
 

ライフィセット

攻撃(連撃)「やぁっ!」
攻撃(1hit)「行くぞ!」
術技発動「切り裂け!」
OLゲージMAX「行くぞ!」
覚醒ゲージMAX「僕は、僕だよ。」
秘奥義(覚醒)「霊子開放!仇なす者に、秩序を齎せ!バインド・オーダー!!」
被ダメ「うわぁ!」
戦闘不能「もう、立てない……」
ホーム画面「女の人を見かけで判断しちゃ駄目って言われたんだけど……。
僕、どうしていいか判らないんだ」
「ぐぅ……ぐぅ……。はっ、うっ……あれ? 僕、寝ちゃってた?
 ……えっ!よだれも出てるって!?」
「散歩に行くときは、足元に注意だよ。珍しい虫や石が見つかるかもしれないからね。」
「さっき拾った石、キラキラしてて珍しい気がする。……鞄にしまっておこう。」
「捕まえた虫、新種のクワガタかもって思うんだけど、君はどう思う?」
「この虫……なんかカッコいい。連れてっちゃ、ダメ、かな?」
「可愛いなんて言われても、嬉しくないよ。……僕は、男なんだから。」
「海って、すごく大きくて……、不思議で……。
あの先に何があるのかなって考えると、ドキドキする。」
「サクサクのふわふわで、すっごく美味しいんだよ!ベルベットの作るキッシュって。」
「僕は、僕の意志で君と居るって決めたんだ。
だから、どんなことが起こっても、逃げたりしないよ。」
 

マギルゥ

攻撃(連撃)「はぁい」
攻撃(1hit)「といやぁ!」
術技発動「未熟じゃなぁ!」
術技(補助)「はぁい」
OLゲージMAX「ノリノリじゃ~」
覚醒ゲージMAX「お仕置きの時間じゃぞ」
秘奥義(覚醒)「今じゃ~!伸びろ~伸びろ~光翼天翔くーん!」
被ダメ「うぉっとぉ」
戦闘不能「二度寝するぞぃ」
ホーム画面「新しい呪(まじな)いを、お主で試してみても良いかのぅ?
一歩間違えば、素敵で無敵なモテ期が来るやもしれぬぞぉ?」
「ずっと貴方だけを見ていたの!貴方も私だけを見て!そして抱き締めてぇ~!
・・・などという小詰まらん恋愛小説を読んでしまったんじゃぁ…」
「何?儂の腰の本の内容が気になる?
ならば…「マギルゥ様の事を知りたい!」・・・と、正直にお言い!」
「「一芸に秀でる者は多芸に通ず」と云うじゃろう?
わしぐらいの魔女になれば、料理なぞお手の物じゃぁ」
「気を張り過ぎると疲れるだけじゃよ?肩の力を抜けぇ。
さすれば道は自ずと見えてくるものじゃ~」
「頼み事が有るなら鳩のモノマネをしてみせぇい。
そうしたら考えてやらん事も無いぞぉ?」
「お主の未来を占うマギルゥ占い!試してみるかぇ?」
「忠告するぞ…人は苦痛には耐えられるが、幸福には逆らえん。
じゃから似合わぬ夢など見ん事じゃ…」
「見くびるなよ!!儂が何の見返りも無くお主を手伝うと思うたか?
何かおくれ!!物でおくれ!!」
「お主・・・何故こんなに夜更かしを?…はっ!!…さては!
儂の可愛~ぃ寝顔を見る気じゃな?」

スレイ【水神依】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「水神招来!我が弓は蒼天!蒼き渦に慚愧せよ!アクアリムス!」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「ミクリオの作るバニラソフトクリームって美味いよなぁ!どうすればあんな風に作れるんだろ…?」
「旅を始めてから、天族だけじゃなくて人間の友達も出来たからね。すごく嬉しいんだ!」
「剣を教わったことはないんだ。子供の頃からいつもミクリオと稽古はしてたけどね」
「オレに出来ること、やらなきゃいけないこと…。よく考えなきゃいけないよな」
「あの遺跡はこの前のと違う様式だなぁ。うーん…あ、こっちの壁に描かれてる絵も…」
「」
「」
「」
「」
 

リッド

攻撃(連撃)「よっと!」
攻撃(1hit)「ほら!」
術技発動「仕留める!」
OLゲージMAX「はあぁぁ!」
覚醒ゲージMAX「好きにはさせねぇ!」
秘奥義(覚醒)「俺だって負けない!はあぁぁぁ!極光壁!」
被ダメ「痛って!」
戦闘不能「ちくしょ…」
ホーム画面「まぁ、色々と大変な事に巻き込まれはしたけど、その分、仲間とか知り合いが増えたのは良い事だよなぁ」
「なんか、また出でくる気がするんだよなぁ…ん?何がって…はっ!魔物だ!」
「うっ!そうだ!お前も一緒に狩りに行ってみるか?太刀筋も良いし、行けると思うぜ」
「はあぁ~よ!朝早いんだなぁ。ふぅ~顔洗ってくるか?」
「その服寒くないかって?んん…考え事も無かったぜ」
「えっと、その、む…難しい話は俺にされても解んねぇって、そういうのは頼むからキールとかしてくれ」
「旅の途中とはいえ、俺が遺跡に来るなんてなぁ。ん?何だこれ?彫刻か?うわっ!こ…壊れた!だ…大丈夫だよな?これ、貴重な物なのか?」
「腹減ったなぁ。なぁ、ここにあるやつ、ちっとだけなにか摘んでも…。やぁ…やっぱダメか」
「ウエストポーチの中身?な…何だっていいだろ、中身なんて。大事な物が入ってんだよ、何なのか絶対教えねぇ!」
 

エミル

攻撃(連撃)「どけ」
攻撃(1hit)「消えな」
術技発動「オラオラオラァッ!」
OLゲージMAX「目障りなんだよ!」
覚醒ゲージMAX「覚悟は出来てんだろうな?」
秘奥義(覚醒)「遊びは、終わりだ…!うぉぉぉぉっ!この一撃で、沈め!!」
被ダメ「痛ってぇな」
戦闘不能「やりやがったな…」
ホーム画面「ふん、勝って当然だろうが。何ボケっとしてやがる。さっさと次行くぞ」
「戦闘中の連携?ふん、俺に指図するんじゃねぇ。俺は俺のやりたいようにやる」
「どこ行くんだ?そっちは目的地と逆方向だろうが。
それとも、俺を笑わせようとわざとやってんのか?」
「おい、出発前に準備はしっかりしとけよ。ヘマして全滅なんてごめんだ」
「買い出しに行くのか?なら、俺の分も…。あ?一緒に?
ちっ、仕方ねぇなぁ…ついていってやる」
「はぁ…どうして俺がこいつらを守ってやらなきゃなんねぇんだ?ちっ、今回限りだからな」
「怪我?これくらい大したことねぇ…なっ!?わかった!怪我の手当ては受けるから!引っ張るな!」
「俺に気安く触るんじゃねぇ。…だから、触るなって言ってんだろうが!」
「疲れてるみてぇだな。無理して進んでも役に立たねぇし、とりあえず休んどけ」
「何を求めて戦うのかって?そりゃ人それぞれだ。俺は守りたいもののために戦うだけだ」
 

シェリア【アイドル】

攻撃(連撃)「それっ」
攻撃(1hit)「てぇい!」
術技発動「必中!」
術技発動(補助)「それっ」
OLゲージMAX「行きます!」
覚醒ゲージMAX「とっておき、行くわよ!」
秘奥義(覚醒)「とどめよ!数多の刃よ、此処に集え…汝が見る夢、刹那と消える!奥義!百花繚乱!」
被ダメ「きゃあ!」
戦闘不能「そんな、私……」
ホーム画面「フリルがふんだんに使われていて、触り心地最高なの。
可愛いし、ふわふわだし、うふふ。夢みたいだわ…」
「これで戦いに行くのは、ちょっと……。
だってこの衣装、破けちゃったりしたら、繕うの大変そうだもの」
「少し休憩。アイドルって、忙しいお仕事なのね。
あの子たちのこと、尊敬しちゃうわ」
「私の踊りや歌で、笑顔になってくれる人がいる。とても幸せなことね!」
「アイドルって、こんなにキラキラしているのね。
ファンになる人の気持ちが分かるわ」
「握手会というものがあるのね。…ちょっと、手を貸してくれる?
ぎゅぅう、っと……。私の元気、あなたに伝わるように」
「自己紹介を考えてみたの。行くわよ。……すぅー……
『料理と回復は、私に任せて!あなたと一緒に戦うアイドル、シェリアよ!よろしくね!』……どうかしら」
「ダンスは、戦いと似ているところがあるわよね。
軽やかさとキレ、どちらにも必要じゃない?」
「あー、あー、んっんー。この調子なら、バッチリね!
素敵なライブになりそう!私の歌、みんなに届くといいな」
「アイドルにサインは必要らしいの。だから、私も考えてみたんだけど……。
んー、もう少し、ハートを付けた方がいいかしら」
 

レイア【アイドル】

攻撃(連撃)「ハッ!」
攻撃(1hit)「それそれ」
術技発動「はぁ~!」
OLゲージMAX「全力全開!」
覚醒ゲージMAX「準備OK」
秘奥義(覚醒)「ぶっとべ!ぐるぐるぐる~、お母さん直伝!活伸棍・神楽ー!パーフェクト!」
被ダメ「きゃっ」
戦闘不能「」
ホーム画面「握手?いいよ。これからも応援よろしくね!」
「さあ!私達のライブが始まるよ~。きらめくステージにしていこう!」
「アイドルって体力勝負なの?それなら負けないよ!どっちが勝つか、さあ!尋常に勝負!」
「誰かを勇気づけたり、元気づけたり。そういうのって素敵なことだよね。」
「こんなお姫様みたいな衣装って、あんまり着る機会がないからワクワクするよね。えへへ、どうかなぁ?」
「あっちの衣装も白が基調で可愛いけど、こっちの衣装はオレンジで元気いっぱいな感じがして…んんん~どっちも良いよね!」
「やっぱりアイドルって、体型にも気をつけないといけないよね。ん~、あれも食べたいし、これも食べたい。でも、明日のライブを思うと我慢我慢…。あぁ~、アイドルって大変~。」
「えと、右、左、ステップ、ターン!あ、ダンスって棍の型に似てるかも!そう思えばうまくできそうな気がしてきた!」
「サイン…。んん…わたしのトレードマーク?を書いたほうがいいんだよね?棍…いや、アイドルだし、リボン…。あぁ~!どうしよう。悩むよ~!」
「ねえねえ!私も歌を考えてみたよ。その名も、どんな疲れも吹き飛ぶおつかレイアー!の歌。それでは、聞いてください。すぅ~(息を吸う音)」
 

ロゼ【アイドル】

攻撃(連撃)「はぁぁっ!」
攻撃(1hit)「よっ、と!」
術技発動「いい感じー!」
OLゲージMAX「決めるよ!」
覚醒ゲージMAX「これは来たっぽーい!!」
秘奥義(覚醒)「片付ける! 荒野に果てろ、嵐月流・翡翠!!」
被ダメ「うっ!」
戦闘不能「ごめんってば……」
ホーム画面「えっ? 誰かと仲を深めたい時は、あだ名で呼び合うのがいいらしい?
あたしは、普通に呼び捨てで呼び合うのが一番だと思うけど?」
「あたしはあたし、あんたはあんた。で、協力できそうなことは協力する。それでいいんじゃない?」
「女子としての身嗜み? そりゃあ、人に会う仕事してるもん。それなりに気は遣ってるよ。
え? 肌が綺麗って……ふふーん、まーね♪」
「うぅーーん……あはぁー!! 天気は最高だし、空気も美味しーい!
(お腹の鳴る音)あっははは……。空気がいいと、お腹も空くっしょ。」
「うぅーん……すぅ……うぅん……う、うぅーん、う? あぁー、ごめーん。あたし、難しい話は眠くなっちゃうんだよねぇ。」
「1日休みっていっても、何処か行きたい所があるわけじゃないし……。 ねぇ、あんたはどうしたい?」
「明日に持ち越さないで、なるべく今日やっちゃおうって方かなー、あたしは。あんたは?」
「分かってるよ。あんたが自分の信念で、今の道を進んでるってことはさ。」
「ねぇ、何か随分疲れた顔してない? 大丈夫? 肩、貸すよ?」
「今さら細かいこと気にしない! ここまで来たら、やるしかないじゃん?」
 

アリーシャ【ハロウィン】

攻撃(連撃)「たぁ!」
攻撃(1hit)「そこ!」
術技発動「はぁ!」
OLゲージMAX「決める!」
覚醒ゲージMAX「私の道を…示す!」
秘奥義(覚醒)「見切った!この一瞬に全てを賭ける!翔破裂光閃!」
被ダメ「うぅっ!」
戦闘不能「私は…まだ…」
ホーム画面「私には少々可愛すぎる衣装かもしれないが。今日は特別な日だからな。目一杯仮装を楽しもう」
「なかなかの力の入った仮装だろう。皆が凄く張り切って造ってくれたんだ。…お姫様みたいだって?フフ…そうかもしれないな」
「トリックオアトリートと云ったな。お菓子の準備は万全だ。キャンディーにクッキーにグミ!君はどれが良い?」
「ふむふむ…「お化けの格好をするのは仲間と思わせてお化けから身を守るため」だから皆、仮装をするんだな。興味深い風習だ」
「カボチャプリンにカボチャケーキ、カボチャのポタージュ。成程、くり抜いたカボチャの中身を使ったレシピか。材料を無駄なく使うのは良い事だ」
「ひっ!!ビックリした!お、お菓子ならあげるから、おどかすのは止めてくれないか」
「皆イタズラが凝っているな…私は引っかからないぞ!いや…今日は引っかかるのも一興かな?」
「夜の街並みに光る沢山のランタン。美しいな。綺麗なだけじゃなく皆を笑顔にしてくれる。とても素敵な物だね」
「もぐ…もぐ…ん~!!こんなに可愛らしくて美味しいお菓子が沢山あるんだな。ん?…いや、これはつまみ食いでは無くて…確認だよ」
「ハロウィンだからといって私の槍まで仮装させることはないだろう!お…お菓子みたいで凄く可愛いのは認めるが…」
 

ヴェイグ【ハロウィン】

攻撃(連撃)「はぁ!」
攻撃(1hit)「でやぁ!」
術技発動「薙ぎ払う!」
OLゲージMAX「はぁぁっ!」
覚醒ゲージMAX「纏え、氷の力!」
秘奥義(覚醒)「絶氷の剣(つるぎ)その身に刻め!奥義!セルシウスキャリバー!!」
被ダメ「ぐぁっ!…チッ!」
戦闘不能「ぐ、すまない…」
ホーム画面「あいつら…一体何が目的なんだ…? っ…!もしかして、ピーチパイか!?」
「オレとしては話をしている方だと思うが、もっと感情を出せと…?それは別問題だろう」
「っ…! オレのピーチパイが無くなっている…だと…? どこの…誰が…」
「用件は済んだか。なら、次の目的地へと行こう」
「悪いが加減をしてやれるほど器用ではない。後悔しても知らないぞ」
「おはよう。昨日はよく眠れたか? …そうか。なら、良かった」
「歌か…。オレは歌えないが…歌ってほしいと言われてもな…」
「ここに来るまで、皆がオレに手を差し伸べてくれた。今度はオレの番だ」
「オレの故郷は素朴な村だが、人も物も見どころがある。一度遊びに来てみてくれ」
「子供は可愛いな。誰でもあんな時期はあったんだよな…」
 

リアラ【ハロウィン】

攻撃(連撃)「ふ!」
攻撃(1hit)「はい!」
術技発動「せぇ~の!」
OLゲージMAX「はぁあ!!」
覚醒ゲージMAX「私に任せて!…ね」
秘奥義(覚醒)「我が呼び掛けに応えよ、静かなる意思、粛清の力に換えて、正義の心、我らに」
被ダメ「そんな!」
戦闘不能「ごめん…なさい」
ホーム画面「トリックオアトリート~!お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうわよ」
「お菓子でお腹が一杯になっちゃた!ちょっと休憩ね。ふぅ…あ、ねぇ見て。今夜はあちこちに明かりがあって、人々が集まって笑って…なんて綺麗なのかしら」
「この服はハロウィンの為にカイルが用意してくれた物なの。だから大事に着たい…」
「このカボチャで作った顔を頭に被るのかしら?あら…?それにしては被り口が小さいし…あ!これはランタンよ!なるほどね」
「カイルを見かけないって?そうね…でも寂しくないわ。だって魔法でこの杖に変身させたから…なんてね」
「あら?お菓子をくれるの?悪戯するのも楽しみだったんだけど、ちょっと残念ね」
「家々を訪ねて歩くと夕方だからか良い香りがしてくるの。お菓子も良いけどご飯も食べたくなっちゃうわね」
「闇夜に舞う蒼き魍魎の群れ!私に挑むならこの子たちの相手もする事になるけれど。覚悟は良いかしら!」
「どうしてカボチャをくり抜くの?出した中身は…あぁ、料理に使うのね。じゃあパンプキンパイなんてどうかしら?」
「この杖カイルなの!可愛いでしょ。牙とマントも有って私とお揃いの仮装をしているの。うふ」
 

アスベル【演劇衣装】

攻撃(連撃)「たぁ!」
攻撃(1hit)「そこだ!」
術技発動「見切った!」
OLゲージMAX「調子に乗るな!」
覚醒ゲージMAX「後悔する間も与えない!」
秘奥義(覚醒)「終わらせてやる!遠慮はしない!決めてやる!斬空刃無塵衝!!」
被ダメ「ぐはっ!」
戦闘不能「ぐっ…すまない」
ホーム画面「いつもありがとう。お前には助けてもらってばかりだ」
「街の人たちの元気な姿を見ると安心するよ。この光景を…俺は守りたい」
「闇雲に進んでもいたずらに体力を消耗させるだけだ。計画的に行こう」
「チームワークは良いと思うんだけど…何で掛け声が揃わないんだ?クッ…もう1回!せぇ~の!」
「ふっ!はぁ!…ふぅ、良い汗かいた!良い汗とは言え流石にベタベタだな…風呂に行ってこよう」
「あ、ここ汚れているな…掃除って始めると無心になれて意外と面白いんだよな。…よし!綺麗になった!」
「守ってみせる!…そう決意したが、俺は本当に大切な人を守れているのか?」
「お前はどうしてそう無理をするんだ!俺を信じてほしい…もっと俺を頼って欲しいんだ!」
「俺に出来る事でも、出来ない事であっても、お前への助力は惜しまないよ」
「えぇ!?本当!?…なんて事だ…この剣が曰く付きだったなんて…俺はどうしたら…」
 

フレン【演劇衣装】

攻撃(連撃)「はあっ!」
攻撃(1hit)「まだまだ!」
術技発動「いくよっ!」
術技発動(補助)「はあっ!」
OLゲージMAX「はああああ!」
覚醒ゲージMAX「全力で行かせてもらう」
秘奥義(覚醒)「ここでおしまいにするよ!ふううううう!光竜!滅牙槍!」
被ダメ「いっ、っ…」
戦闘不能「不甲斐、ない……」
ホーム画面「『遅刻したら女王様に怒られてしまう…』…ところで、このセリフだけど、
うさぎはどうしてこんなに焦っているんだい?…昼寝をして寝過ごしたから?そ、それは自業自得ってことかな」
「劇の手伝いを、と言われて来てみたら、いきなり着替えをさせられたんだ。
それにしてもどんな役なんだろう。立派な上着に片眼鏡はいいとして、このうさぎの耳は、いったい…」
「へえ、このうさぎの耳、ふわふわしてしっかり出来ているんだね。服の着心地も良くて、
しかも、全体的に柔らかい生地で出来ているから、肌触りもいいし、何だか…布団の中みたいで、眠くなってくるよ」
「このラッパ、式典や、重要な時に鳴らすためものだね。どれどれ……ふぅーーー……っはあ、ダメか。
これを吹けるようにならないと、役が務まらない。はぁ、弱ったな…」
「何か言いたそうだけどね、ユーリ。これでもれっきとした仕事なんだ!
だから、…そのニヤニヤは止めてくれないか。もう一度言うよ。止めてくれ!」
「『いけない、これじゃ大遅刻だ。ああ、時間がない(棒読み)』え?棒読みだったって?…そうか、じゃあ、
『いけない、これじゃ大遅刻だ…。ああ、時間がない…!』…今度は、大げさすぎる?…演技って、難しいんだな」
「ちょ、そんなに尻尾を引っ張ったら、取れてしまうよ。
ほらほら、もうすぐ劇が始まるから、観客席で座って観よう。ね?」
「『ああ、忙しい忙しい。ピョン!』
…え、いや、こうすればもっとうさぎっぽくなるって、ユーリが…。え?騙されてるだって…!?」
「他の皆の衣装も随分凝っているんだな…。リオンは……猫かい?凄く似合ってるじゃないか!
って、リ、リオン?…怒って行ってしまった。何か気に障ることでも言ったかな…」
「僕の役はうさぎらしいんだ。
立派な衣装だし、セリフまであるし、だいぶ変わったうさぎみたいだね」
 

リオン【演劇衣装】

攻撃(連撃)「ふっ!」
攻撃(1hit)「散れ!」
術技発動「遅い!」
OLゲージMAX「僕の邪魔をするな!」
覚醒ゲージMAX「無事で済むと思うなよ」
秘奥義(覚醒)「目障りなんだよ。僕の目の前から消えてしまえ!魔神煉獄殺!貴様等に何が解る…」
被ダメ「貴様ッ!」
戦闘不能「っ!…この僕が…」
ホーム画面「ん…なんだ…朝か…ん、ふぁ~…」
「他の奴が何をしようが勝手だが、僕の邪魔はするなよ」
「っ!…な、なんだ!僕で遊ぶな!」
「おい、いつまで遊んでいるつもりだ。さっさと先へ進むぞ」
「僕は僕で行動させてもらう。お前たちの指図は受けない」
「騒々しいな。何故僕の周りは静かにならないんだ…」
「愚図愚図するな!置いていっても良いなら話は別だがな」
「!…おい!お前こっちに来い。そんな所に居たら雨でずぶ濡れになってしまうぞ」
「スタンの奴…僕を紹介する時、小さいは余計だとあれ程!!」
「これはお前が作ったのか。ピーマンサラダと野菜カレー…ニンジンも入っているわけか……」
 

ミラ

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

カノンノ・E

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

レイア

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

エステル【フェドロック隊風】

攻撃(連撃)「はぁ!」
攻撃(1hit)「そこです!」
術技発動「甘く見ないで下さい!」
OLゲージMAX「いきます!」
覚醒ゲージMAX「皆さんの想い、伝わってきます!」
秘奥義(覚醒)「邪と交わりし、悪しき魂に清き聖断を! セイクリッドブレイム!」
被ダメ「きゃあ!」
戦闘不能「ごめん…なさい…」
ホーム画面「怪我をしたら言ってくださいね。治癒術で治しますから。でも出来れば怪我をしないのが一番です」
「こうやって人と触れ合い助け合えるのが凄く嬉しいって思うんです。だから何かあれば言って下さいね。私もすぐに助けに向かいますから」
「ラピードともう少し仲良くしたいです。どうしたら仲良くなれるんでしょうか…」
「色んな街を見てきましたけど、でもやっぱり慣れ親しんだ街が一番ですよね」
「寒い時には温かい物を食べて暖まりたいですよね。はぁ…なんだかお腹が空いてきました」
「ユーリみたいに武器をクルクル回してみようとしたら「危ないから止めとけ」って言われちゃいました。私には無理なんでしょうか…」
「やっぱり本を読んでいるだけじゃ得られない知識って沢山ありますよね」
「リタったら、何度言っても食事しながら本を読んじゃうんです。研究が大事なのは解りますけど、ご飯はご飯で大事にしてほしいです」
「ふわぁ~…あ、すみません。昨晩少し夜更かしをしてしまいまして。え?何をしていたのかって?…ふふ、それはヒミツです」
「グミって独特の歯応えをしてますよね。これがイイっていう人も居るみたいですけど…」
 

ルドガー【オーケストラ】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

リチャード【オーケストラ】

攻撃(連撃)「はっ!」
攻撃(1hit)「うおお!」
術技発動「ひれ伏せ!」
術技発動(補助)「うおお!」
OLゲージMAX「刻め!」
覚醒ゲージMAX「遠慮はいらない、そうだ!」
秘奥義(覚醒)「一瞬で決める!剣閃よ唸れ、疾風のように!ヴァーテクス・ローズ!!」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「この楽器はコントラバスといってね、深みを帯びながら、
低く奏でられる音色はとても心地いいものさ。何か一曲弾いてみせようか?」
「コントラバスは、曲の土台を支えるような存在らしい。
花形ではないかもしれないけど、僕にはとても大事な役割だと思うんだ」
「弓で弾くのは勿論、僕は指で弾くのも好きだな。
短く弾む音に、軽やかさや透明感を感じないかい?思わず気持ちも踊ってしまうんだ」
「こんなに広い会場でコンサートを行うのかい?すごいな、王宮に引けを取らないんじゃないか?
ウィンドルにも一つくらいあれば色々用途があるかもしれないな。今度相談してみよう」
「さっきルドガーと練習をしたんだ。初めて合わせ演奏してみたんだが、
彼のバイオリンの指捌きは板についていたよ。僕も負けていられないね」
「エリーゼはトランペットかい?ふっ…素敵な演奏を楽しみにしているよ。
ソロパートもあるんだったかな?緊張するけど、お互いベストを尽くそう」
「王としての正装とは少し異なる装いで、なんだか不思議な気持ちだ。
どうだい?こういった姿もなかなか似合っているだろう?」
「会場は満席だね。僕たちの演奏を待ちわびている人が大勢いると思うと、身が引き締まる思いだ」
「コンサートを前にすると、心が躍るよ。
この日のために、僕も練習してきたからね。きっと素晴らしい会になるさ」
「ふぅ…音が揃ったね!音楽は情緒や感情を表現しているというけれど、奏者はいかに聴衆に届けられるかが大切なんだね。
心を込めて引いたつもりだけど、皆に伝わっただろうか…」
 

エリーゼ【オーケストラ】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

メルディ(MOE)

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ソフィ【クリスマス】

攻撃(連撃)「それ!」
攻撃(1hit)「はぁ!」
術技発動「いっけぇ!」
OLゲージMAX「はぁぁっ!」
覚醒ゲージMAX「みんなを守る…だから、負けられない!」
秘奥義(覚醒)「解放します!宿れ拳神!轟け鼓動!インフィニティア・ソウル!」
被ダメ「うっ!」
戦闘不能「みんなを…守りたいのに…」
ホーム画面「わたしの髪型、ツインテールっていうんだって。
空を飛ぶための髪型だって教わったけど…練習すれば飛べるようになるのかな?」
「背が高い人はね、リンゴを取るために背が高いんだって。
わたしはリンゴを取れないから背が低いのかな?」
「能天気って天気を毎日おんなじにしちゃう神様の特殊スキルなんだって。
あれ?みんな知らなかったのかな?」
「雨、たくさん降ってる。濡れないように傘はいっぱい差した方がいいよ。
え?一本でいいの?どうして?」
「カイルが寝ぼすけなの、少し分かる。ふかふかのお布団気持ちいいよね。
ぎゅーってすると何だか幸せ…」
「贈り物?誰かにあげるの?わたしはスペシャルなカニ玉がいいなって思うの。
もらったら嬉しいよ、きっと。」
「わたしの知らないことが、まだまだいっぱいあるみたい。
いろいろ教えてほしいな。…ダメ?」
「風花をアスベルと一緒に見たいな。いつか、きっと…見れるよね」
「クロソフィの花がわたしの名前の由来なの。素敵な名前…ふふ、嬉しい」
「今日は用事があるから明日頑張る。用事が何かって?
えーっと、今日はその…子猫にエサをあげなきゃだから…。ね?」
 

ミクリオ【クリスマス】

攻撃(連撃)「そこだ!」
攻撃(1hit)「甘い!」
術技発動「これでどうだ!」
OLゲージMAX「好きにはさせない!」
覚醒ゲージMAX「僕の力、見せてやる!」
秘奥義(覚醒)「流れを見切る!手は抜かないぞ!そこだ!クリアレスト・ロッド!」
被ダメ「これくらい…」
戦闘不能「くっ、油断したか…」
ホーム画面「ぼ、僕の背が決して低いわけじゃない!周りが高いだけだ!」
「お願いだから、無理にサークレットを見ようとしないでくれ。
具体的に言うと、前髪をフーフーするのをやめてくれないか」
「これを僕に…?あ、ありがとう。プレゼントをもらうなんて思っていなかったから、驚いてしまって。
けど、泡だて器をくれるってことはお菓子を作れという事だね」
「姿が見えているというのは不思議だが…
おい、パスカル。僕の存在を確かめるために、頬をふふっるのはふぁめてふれ」
「スレイ?スレイは、腐れ縁の幼馴染だよ。彼は昔から…って、な、何をニヤニヤしているんだ」
「なっ、どうして僕がそんなことを…はぁ…仕方がない。スレイには秘密にしておいてくれよ」
「くっ、僕が料理を失敗するなんて…『おごれるミクリオも久しからず』か」
「いつかスレイが悩み、立ち止まる日が来るかもしれない。そのとき、僕に出来る事は…」
「僕達の故郷にはたくさんの天族が暮らしているんだ。みんな元気でいてくれるといいんだけど」
「天族の僕だからこそ出来ることがある。僕はそう信じる」
 

ベルベット【クリスマス】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ロゼ【風神依】

攻撃(連撃)ロゼ・デゼル「は!」
攻撃(1hit)ロゼ・デゼル「逃がさない!」
術技発動ロゼ・デゼル「切り裂く!」
OLゲージMAXロゼ・デゼル「ルウィーユ=ユクム!」
覚醒ゲージMAXロゼ/デゼル「きゃあ!/ぐわっ」
秘奥義(覚醒)デゼル「風神招来!」
ロゼ・デゼル「我が翼は碧天!天を覆うは処断の翠刃!シルフィスティア!! 」
被ダメロゼ/デゼル「きゃあ!/ぐわっ」
戦闘不能ロゼ/デゼル「ごめん…/すまん…」
ホーム画面ロゼ「うん、これ?デゼルのペンデュラム見せてもらってるんだよねー
この紐っていうかワイヤー?かなり伸びるみたい。何かを捕まえるのにも使えそう」
ロゼ「あ、ねえデゼル知らない?この間、昆虫の嘘情報教えられてさー
他の人に話したら、『そんな虫はいない』って
すっごいはずかしかったんだけど~!」
ロゼ「デゼルもいつかザピーダみたいに、上、裸になるのかな…
えっ、あれ風の天族の特徴じゃないの!?」
ロゼ「うわっととと、はぁ、この辺りは地面が荒れ放題だねー…
転ばないように気をつけないと… う、『風を読め』って出来るか!」
ロゼ「えっと、デゼルの真名は『ルウィーユ=ユクム、濁りなき瞳デゼル』かー、
うん、あいつらしい真名だよね」
 

ルーク【着物】

攻撃(連撃)「うぜぇ!」
攻撃(1hit)「まだまだ!」
術技発動「吹き飛びやがれ!」
OLゲージMAX「見せてやるよ!」
覚醒ゲージMAX「行くぜ!俺について来い!」
秘奥義(覚醒)「うおぉぉぉ!!喰らいやがれっ!!」
被ダメ「痛ってぇ!」
戦闘不能「くそっ…ふざけんな…よ」
ホーム画面「ったく…たぁりぃなぁ。ん!な、なんだよ!わぁってるよ!!
進めば良いんだろ!進めば!」
「へへん!実践にも慣れてきたな!あ?「そういう時が危険だ」?
って…うっせぇな!ンな事言われなくても解ってるつぅの!」
「なぁ。なんか俺ばっか怒られてねぇか?…はぁ!?日頃の行い!?
何だよソレッ!!」
「おい…あぁ…なんつぅかその…いつも助かるつぅか…んん!
やっぱなんでもねぇ。なんでもねぇって言ってんだろ」
「おーい!ガイー?居ねぇのかぁ?はぁ…なんだよ、
手合せしてもらおうと思ったのに」
「んだよ?俺の作った料理に文句あんのかよ!食えりゃ良いだろうが!
文句があるなら、お前が作れば良いじゃねぇか!」
「あのなぁ!お前ら!俺が王族だって事忘れてるだろ!?
いいか。念のため言っておくけど、俺は偉いんだからな!」
「へぇっくしょん!!うぅ…な、なんだ?風邪か?そういやぁなんか体もだりぃ気がすんな。
…おい、俺は寝るから邪魔すんじゃねぇぞ」
「げ…今日の飯、魚かよ…な、何だよティア!俺はまだ何も言ってねぇぞ!」
「うぉお!?っとぉ…驚かすんじゃねぇよ。何?「そこに座られると邪魔」?
ケッ!お前の都合なんて知るかつぅの!」
 

エレノア【着物】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

スタン【着物】

攻撃(連撃)「とおっ!」
攻撃(1hit)「まだだ!」
術技発動「砕け散れ!」
OLゲージMAX「燃えるぜ!」
覚醒ゲージMAX「この力に全てを懸ける!」
秘奥義(覚醒)「うおおおおぉぉっ!真の姿を現せ!
劫炎の剣!その身に焼き付けろ!奥義!業魔灰燼剣!!」
被ダメ「くっ…まずい…!」
戦闘不能「くそ…こんなところで…」
ホーム画面「世界を知って、もっともっと強くなりたいんだ」
「ん?どうかしたのか?呼んでないだって?はははっ嘘だ。
だって今、俺のことつっついただろ?」
「『困ってる人を見過ごすな』エルロン家の家訓なんだ」
「俺に出来ることなら何だってする。だから、悩んでたら相談してくれ」
「ルーティとの出会いは~なんていうか、衝撃的って感じだな…」
「なあ!アイスキャンディ―って食べたことあるか?すっごく美味しいんだぞ!」
「お~い!リオ~ン!ちょっくら手合わせしないか?
おい、リオン!無視すんなって!いいだろー?」
「妹のリリスは、手料理が好きで、すごく美味しいんだ!お腹空いてきたなぁ~」
「食べ物も睡眠も、生きるのに大事だからな。ちゃんととろうぜ」
「が~~~が~~~~…う、うぅぅん……さつげき…ぶこ~ぉけんん……」
 

エドナ【着物】

攻撃(連撃)「よっと」
攻撃(1hit)「ふぅ」
術技発動「これはどう?」
OLゲージMAX「調子に乗るな!」
覚醒ゲージMAX「後悔しても遅いわよ」
秘奥義(覚醒)「跪け!這いつくばるのがお似合いね。ヴェネレイト・マイン!」
被ダメ「ッ!倍返し決定…」
戦闘不能「ぁ…」
ホーム画面「この先どうなるかは貴方達次第よ。私は着いて行くだけだし」
「外に出るのは久しぶりね。勿論ちゃんとエスコートしてくれるでしょ?」
「そう…私と同じ名前の可憐な花があるのよ。よく知ってるわね。ご褒美に花丸をあげるわ」
「ミボ。こっちに来て私の為にお菓子を作りなさい。早く作らないと大変な事になるわよ?」
「ふわぁ…ふぅ…眠いわ…昨日夜更かしし過ぎたせいかしら」
「旅についての知識はそれなりにあるわ。旅好きのお兄ちゃんがよく話を聞かせてくれたから」
「退屈だから何か面白い事をしなさい。ただし75点以下の面白さならお仕置きよ」
「何?傘に付いてるのが気になるって?真実を知ったら戻れないわよ?」
「1・2・3・4…1・2・3・4…スレイもっと腕を伸ばして、膝を回して。
折角貴方の体で体操してあげてるんだから」
「そこ。喋ってる暇があるなら私の肩と腰と脚と足裏を揉み解してくれない?」
 

スレイ【火神依】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ジェイド

攻撃(連撃)「ふっ」
攻撃(1hit)「良いですねぇ」
術技発動「行きますよ」
OLゲージMAX「では大人気なくいきますよ」
覚醒ゲージMAX「遊びの時間は終わりにしましょうか」
秘奥義(覚醒)「旋律の戒めよ、ネクロマンサーの名の下に具現せよ!ミスティック・ケージ!
力という物を思い知りなさい!」
被ダメ「ぐっ」
戦闘不能「無様ですね」
ホーム画面「これでも忙しい身なのでこういう事でも無い限り世界各国は周れませんからね。
少しくらい楽しんでもおこられないでしょう」
「おや、忘れ物ですか?いえいえ構いません、誰しも忘れ物ぐらいしますよ。
私はした事ありませんけど」
「いやぁ、活力に溢れていますね。若者はこうでなくては!実に頼りになります。
その力はカンバルクを救いますよ。是非力を貸して頂きたい。
というわけで!雪かきをお願いします」
「結果勝てば良いのです。何をしてもね…全てはその為の道筋に他ならない。
アニス~?聞いてますか?そうですか。では私が今言った事、言えますよね?」
「若さの秘訣ですか?そうですねぇ…毎晩若い人の生き血を…
って本気にしないで下さい。流石に少し傷付きますよ」
「おやおや、なにやら賑やかですね。ふむ…イベントですか。行ってきたらどうです?
私?そうですねぇ、何が御馳走して頂けるなら行っても良いですよ?」
「ずいぶんとモテますね。行く先々でこんなに魔物が現れるなんて。
彼らにとっては余程魅力的なのでしょう」
「目に見えない存在。天族ですか。本当に居るんでしょうか?
そう言われると何が何でも見えるようにしたいですね。
例えば天族が見える眼鏡なんて作れないでしょうか?」
「おはようございます。早起きとは感心ですね。
それでは皆さんを起こしてきてあげて下さい。情け容赦は無用です」
「魔物が怖いですか?危ない時は手助けしますよ。でも危なくなるまでは何もしません。
いえいえ決して痛めつけられる所が見たい訳ではありませんよ。
ご自身の力で魔物を打ち果たさないと、貴方の力にならないでしょう?」
 

リアラ

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

クレス【アイドル】

攻撃(連撃)「はぁっ!」
攻撃(1hit)「決めるっ」
術技発動「行くよ!」
術技発動(補助)「気合い入れて行こう」
OLゲージMAX「僕に力を」
覚醒ゲージMAX「これが僕の力」
秘奥義(覚醒)「僕に力を!虚空蒼破斬!空間翔転移!次元斬!!」
被ダメ「がはっ」
戦闘不能「うっ……ごめんよ…」
ホーム画面「ステージの上からの光景は、それはもう凄かったよ!圧巻だなあ…。
僕らのために、あれだけの人々が集まってくれる。それだけで、幸せなことだよね」
「僕らのステージが、ファンの人の心に残るよう精一杯頑張るよ!
「みんなを笑顔に」これが合言葉だ!」
「みんな、楽しんでるかい?うん、僕もみんなと一緒にこのライブを過ごせて、すっごく楽しいよ。
それじゃ、次の曲に行こうか!」
「ダンスの練習をしていると、途中から、まるで修行をしているような言葉のやりとりになるんだ。
足の踏み抜く位置はここで、とか…。剣士である以上、仕方がないのかも知れないけど」
「ファンの人たちと握手をする、「握手会」と言うものが有ったんだけど、その人の手の形で、
剣に精通しているのかどうか分かるから、その時は、思わず「流派は何処ですか」って聞いてしまったよ」
「アイドルって、みんな自分なりの自己紹介を持ってるらしいよ。僕も今、考えてる途中なんだ。
何を言おうかなあ。やっぱり、「アルベイン流剣士」ってところは入れたいよね」
「踊りながら歌う。かなり難しいんじゃないかな。呼吸法をマスターしないと、
息継ぎのタイミングを逃して、歌が途切れてしまうだろうし。でも、だからこそ、いい鍛錬になるね」
「僕の想いを、ライブに全て込める!はぁああああ!みんな、行くぞ!」
「ユーリもロイドも僕と同じ衣装だ!……ん、ちょっと違うって?
ああ、色は僕らのイメージの色に、合わせてくれているんだね」
「アイドルは笑顔が大事ってことだから、練習をしているんだけど…。んー、こうかな!いや、こっちの方が!
…笑顔が決まらない。普段通りに笑えって言うけど、普段って僕、どんな風に笑っていたっけ…」
 

リチャード【アイドル】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ユーリ【アイドル】

攻撃(連撃)「ふっ!」
攻撃(1hit)「おまけだ!」
術技発動「逃がさねぇ!」
術技発動(補助)「無事か?」
OLゲージMAX「飛ばしていきますか!」
覚醒ゲージMAX「最後まで付き合えよ!」
秘奥義(覚醒)「これで決める!閃け、鮮烈なる刃!無辺の闇を鋭く切り裂き、仇名す者を微塵に砕く!
決まった!漸毅狼影陣!!はあああぁぁッ!とどめだ!!」
被ダメ「ぐはぁ!」
戦闘不能「ドジったぜ…悪ぃな…」
ホーム画面「アスベルからアイドルは最強の戦士って聞いてたんだが、
あいつ絶対勘違いしてただろ。ここまで来たからにはやるけどな」
「衣装に合わせるから髪括れだとよ。っと…んー…髪留め…あれ?
無ぇじゃねぇか…どこだぁ?」
「歌?何で俺なんだよ。クレスとかマオとかやりたそうな奴にやらせとけっての。
ま、あいつらの歌声聞いたこと無いけどよ」
「自己紹介…「俺はユーリ・ローウェル」以上。
あ?もっと盛り上げてくれ…って。他に何を言う事があるんだ?」
「よし!行くか!ん?やるからには全力で行くぜ。さぁて、ライブの始まりだな!」
「あっちぃ~。あーミクリオ、アレやってくんねぇか?水の術。少しは涼しくなんだろ。
クレスとロイドはまだ踊ってんのか。って、あいつ等の動き、
剣の型になってねぇか?練習になんのかね?」
「ターンして最後に笑顔?アイドルってのは随分細かい事考えて動くんだな。
笑顔ってのは自然に出るもんだろ」
「なんだぁこの衣装?これがアイドルの衣装だってのか?
あいつらこんな派手な衣装着てあれだけ動けるのか。
はぁ…今回だけだからな。次からは勘弁してくれ」
「あぁ…なんだ…ステージに立つまではあんまりって感じだったけどよ。
まぁ、思ったよりかは悪い気分じゃねぇな」
「サイン?俺の名前書いたのなんか貰って嬉しいのか?崩して書くのがコツって言われてもな。
って、リチャード躊躇いねぇな。しかもなんかソレっぽいし…」
 

ライラ【バレンタイン】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ミラ【バレンタイン】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「やるぞ!集え、地水火風!
転ずるが如く、化するが如く、我が剣となれ!スプリームエレメンツ!」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「人間界には大切な人にチョコレートを贈る風習があるようだな。
私はキミにとって大切な人になれているだろうか」
「男性に有利だからと女性の姿をとったが、男性ならチョコや洋菓子が貰えるとはな…
失敗したかもしれない……しかし、沢山のお菓子を贈り合えるのはいい日だな」
「義理チョコに、本命チョコに、友チョコに、逆チョコ…!?物は同じでも、
渡す相手によって名称が変わってくるのだな。人間界のイベントとは不思議で面白いものだ」
「おおっ!ジュード!いいところに来た!バレンタインというイベントの為に、
私もチョコレートを作ってみたのだ。是非、味見をしてみてくれないか?」
「街中に甘い匂いが満ちているな…じゅるる。
バレンタインとは、食欲をそそるイベントのようだ」
「女の子たちからバレンタインのプレゼント、と沢山のお菓子を貰ったぞ。
チョコレートに、飴に、クッキーにと、両手で持ちきれぬほどだ!バレンタインとはいいイベントだな」
「うむ…はむ……うむ……どのチョコレートも絶品だな!
ん?お前もチョコレートを持っているんだな。ひとつ、私のと交換してみないか?」
「じゅるる……あっあ、いや、気にしないでくれ。それはお前が貰ったチョコレートだろう?
いくら美味しそうでたまらないといっても、私が貰う訳にはいかないからな!」
「ハッピーバレンタイン!私からのチョコレート、受け取ってくれるか?」
「チョコレートを食べさせてほしい…とは、随分と大胆なことを言うのだな。
仕方ない、今日だけの特別だぞ」
 

マルタ【バレンタイン】

攻撃(連撃)「はい」
攻撃(1hit)「任せて」
術技発動「これで終わり!」
術技発動(補助)「護ってみせる!」
OLゲージMAX「邪魔だよ!」
覚醒ゲージMAX「私の出番だね」
秘奥義(覚醒)「癒しの神よ、立ち上がり者達に祝福を。邪悪を退ける正義の力を与え給え。レイディアント・ロアー」
被ダメ「いったぁ!」
戦闘不能「負けなんて…嫌だ、よ」
ホーム画面「あぁぁ…どうしよう。張切りすぎて、すっごい大きなケーキになっちゃったぁ。
ま…まぁ、食べ切れるよね!男の子だもん…ね!」
「チョコケーキの形はどうしようかなぁ。ハート型も良いけど、
食べる時に欠けていくのを見るとちょっと悲しくなっちゃうんだよねぇ」
「バレンタインってどうしてこんなにドキドキするんだろう。
いつも通りに話せば良いだけなのにね…」
「ねぇ、エミル!普通のチョコレートだと寂しいかと思って、
今年はケーキにしてみたよ!ジャーン!豪華でしょう?」
「チョコレートケーキを美味しく作る秘訣はっと…
材料はきちんと分量を量って作らないと駄目なんだ…
難しい。でも!大事な日なんだから絶対失敗できない!よーし、頑張るよ!」
「大好き!大好き!大好き!だぁい好き!…え?何してるって?レシピ本に
「愛情いっぱいで」って書いてあったから私の気持ちをたっぷり入れておいたの」
「どぉ?エミル。綺麗なデコレーションでしょ?「食べるのが勿体無い」?やったー!
ありがとう!でも食べないともっと勿体ないよ?さぁ、召し上がれ」
「男の子ってチョコの数を競ったりするよね。
エミルは私がプレゼントする分しか無いんだし、張切って大きめに作ってあげちゃおっと!」
「チョコケーキの材料は…ふんふん…隠し味にフルーツとかグミを入れるんだ…
じゃあ、アップルグミとオレンジグミと…
食べたらもっと元気になるように貴重なエリクシールも入れてみよ」
「エミル!!何!そのチョコ!!義理…って…それでも駄目!!
エミルのチョコレートは今私が作ってるんだから!エミルはこれ一つで十分なの!」
 

フレン【フェドロック隊】

攻撃(連撃)「たぁ!」
攻撃(1hit)「もらった!」
術技発動「仕留める!」
OLゲージMAX「はぁぁぁ!」
覚醒ゲージMAX「騎士の名に賭けて」
秘奥義(覚醒)「ここでおしまいにするよ!ふううううう!光竜!滅牙槍!」
被ダメ「ぐぁッ!」
戦闘不能「ここ…までか」
ホーム画面「独りで生きていこうなんて君らしい選択だな、ユーリ」
「っ!!ユーリ!床が濡れてビチャビチャじゃないか!いつも拭けって言っているだろう!」
「まさか二人して同じナイレン隊に配属されるなんて…腐れ縁にも程があるよ。ユーリもそう言っていたみたいだけど、それは僕の台詞だよ」
「隊長は軍の命令に反した…でも…だから…大切な物を守れたのか…」
「うわっと!窓からリンゴを投げるなんて危ないじゃないか。いつもの見回りのお礼?フ…そうか…ありがとう」
「ラピード…今度はスプーンを咥えているのか。この前は骨じゃなかったかい?」
「沢山食べて大きくなれよラピード。ん…?何だユーリ。餌やりすぎだって?」
「ユーリが喧嘩を吹っ掛けなければ僕は巻き込まれずに済んだんだ!まったく…いい加減にしてほしいよ」
「僕は騎士団に残るよ。良い騎士になるって隊長と約束…したからね…」
「下された命令には従うべきなんだ…たとえ何があっても。それを無視したから父さんは…」
 

コレット【アイドル】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ベルベット【アイドル】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ルーティ【アイドル】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

シェリア【学園風衣装】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

エレノア【学園風衣装】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

アリーシャ【学園風衣装】

攻撃(連撃)「はっ!」
攻撃(1hit)「せい!」
術技発動「仕留める!」
OLゲージMAX「決める!」
覚醒ゲージMAX「この好機…逃しはしない!」
秘奥義(覚醒)「見切った!この一瞬に全てを賭ける!翔破裂光閃!」
被ダメ「やめっ…!」
戦闘不能「力…及ばず…か…」
ホーム画面「ふふっ…スレイは素直でまっすぐで、見ていて気持ちのいい人だろう?そこが彼の魅力だな」
「これは、私の大好きな本なんだ。ぜひみんなも読んでみてほしい!
周囲に広めようと頑張っているのだが、なかなか効果が出なくてな…」
「私は、君に背中を預けてもらえるような存在になりたい。
言葉ではなく、行動で信頼を勝ち取ってみせるよ」
「この鞄…機能的でいいな!あの服もよさそうだ…あっ、アイスキャンディーも売っている…!
な、なんだ…買い出しのことは忘れてないぞ!」
「こらこら!喧嘩をするんじゃない!みんな仲良く、な?」
「幼いころにした遊び…あまり遊んだ記憶はないのだが…
あっ、槍でスイカ割りをした覚えがある!あれは楽しかった!」
「自身に課せられた責務を果たす。私は、それだけを考えてきた。
けれど、みんなと出会って、人の数だけ違う生き方があるのだとわかったよ」
「えっ?私の話が聞きたい?面白いことは言えないと思うが…それでも良ければ、喜んで」
「槍は師匠から指導を受けているんだ。
師匠は武術の腕だけでなく、人としても尊敬できる、素晴らしい方だよ」
「ん…?肩に力が入りすぎていると…?
確かに…適度なリラックスは大切だな。気を付けるよ。ふぅ…」
 

コレット

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

スレイ【水神依】

攻撃(連撃)「せや!」
攻撃(1hit)「これで!」
術技発動「蹴散らす」
OLゲージMAX「ルズローシヴ=レレイ!」
覚醒ゲージMAX「これで決める!」
秘奥義(覚醒)「水神招来!我が弓は蒼天!蒼き渦に慚愧せよ!アクアリムス!」
被ダメ「なにっ!」
戦闘不能「しまっ…た」
ホーム画面「遺跡の中を探検するのは勿論だけど、
発掘した物の歴史についてミクリオと考えるのも凄く楽しいんだ!」
「うぅん…ミクリオにお菓子の作り方メモを貰ったんだけど、
思ってる以上に材料とやることが多い…お菓子作りって結構大変だよなぁ」
「ミクリオを探してるのか?よーし!任せて!
そんな場所なら大体目星付くから手伝うよ!」
「パスカルの作った変形する武器格好良かった!
手元のスイッチで鋸やスプーンが出てきてすっごく便利そうで、
欲しかったんだけど…ミクリオに「剣が重くなるだろ」って止められたんだ」
「俺とミクリオが育ったイズチはすっごく良い所なんだ。
でもイズチに居たら見られなかった景色に出会えるし、新たな発見が沢山ある!
旅に出て良かったよ」
 

ティア

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

エリーゼ

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ダオス(MOE)

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ライフィセット【執事衣装】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

アイゼン【執事衣装】

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

ジュード【執事衣装】

攻撃(連撃)「行くよ!」
攻撃(1hit)「まだまだ!」
術技発動「打ち砕く!」
OLゲージMAX「逃がさないよ!」
覚醒ゲージMAX「悪いけど、手加減できないよ!」
秘奥義(覚醒)「殺劇!ふっやっはっ!ふっやっせい!はああああっ!舞荒拳ー!」
被ダメ「しまった…!」
戦闘不能「情け…ないな…」
ホーム画面「早くご飯を作らなくちゃ!お嬢様がお腹を空かせてるらしいんだ。急げ―!」
「仕上げにタイを結んで…っと。この格好になると、ピシっと身が引き締まるね。
今日も1日頑張ろう!」
「ここにある本、僕が運んじゃうね。
…ん?このくらい平気平気!ちゃんと鍛えてるからさ」
「お帰りなさいませ、お嬢様…なんて、どうかな?少しは様になってる?」
「「服が可愛すぎる」…?確かに飾りが色々付いてヒラヒラしてるけど…
こう見えて結構動きやすいんだ」
「立派な執事になるために、ローエンから色々教わってるんだ。
まずは、美味しいお茶の淹れ方なんだけど…これが奥が深くって、免許皆伝の道は遠そうだ…」
「まずは、今日1日の予定確認をしなくちゃ。えーっと…え!?こんなにたくさんあるの!?
これは…順番をよく考えてこなさないと…」
「荷物持ちは、僕の役目だよ。一家の主様に荷物を持たせるわけにはいかないからね」
「掃除が終わったら、次は食事の準備をして…思ってたより仕事の量が多い…
でも、こういうのって新鮮だね!」
「今日は大きなパーティがあるから、朝から準備が大忙しだ。
食器の準備に会場の飾り付け。その後は、足りない食材の調達に行ってくるよ」
 

ルーク(覚醒フェス)

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

アスベル(ログインボーナス)

攻撃(連撃)「そこだ!」
攻撃(1hit)「くらえ!」
術技発動「ここで、決める!」
OLゲージMAX「調子に乗るな!」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「終わらせてやる!全てを切り裂く!獣破轟衝斬!」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「よし!アイスキャンディーを…すみませーん!1本くださーい!
はむ……ん~!やっぱうまいなぁ~!」
「秘密基地かぁ!小さい頃は憧れたな。
リチャードは王族だけど、秘密基地を作った経験とか、あるのだろうか?」
「国によって、技術進化の形が違うんだな。
技術といえば、メカなんとかって名前を聞いたことがあるようなないような…」
「騎士になっても、勉強することが多いよ。日々是精進って本当だな」
「準備が出来たら、先に進もう!大丈夫、皆ついてるから」
 

ロイド(ログインボーナス)

攻撃(連撃)「よっと!」
攻撃(1hit)「させるかぁ!」
術技発動「でぇやぁ!」
OLゲージMAX「はぁあ!」
覚醒ゲージMAX「俺に任せてくれ!」
秘奥義(覚醒)「とどめだ!はぁぁああ!見せてやる!天翔蒼破斬!」
被ダメ「いってぇー!」
戦闘不能「ここまで…なのか」
ホーム画面「剣で戦ってる皆、二刀流で戦えば良いんじゃないかぁ?一本で100の力なら、
二本で200になるんだし…絶対強いだろ!」
「うーん…あぁ!!良い所に!!なぁなぁ!宿題手伝ってくれよ。思ったより難しくて」
「おぉ!!俺以外にもトマトが苦手なやつがいるんだな。やっぱり食えねぇよなぁ…
あの青臭さがどうも受け付けないっていうか…」
「よーし!これならどんな相手が来ても負けなしだな!
へへーん!これからは俺の事もっと頼りにしてくれて良いぜ!」
「星の欠片に光の神殿ティルグ!昔から物語で聞いてた事が本当だったって事は、
他にもそう云う物に出会えるかもしれないよなぁ!くぅ~!!ワクワクしてきたぁ!」
 

ルドガー(ログインボーナス)

攻撃(連撃)「はあぁ!」
攻撃(1hit)「せや!」
術技発動「砕け散れ!」
OLゲージMAX「はあぁ!」
覚醒ゲージMAX「力がみなぎる!」
秘奥義(覚醒)「はっ! 祓・砕・斬! はあああぁぁっ… 零水!!」
被ダメ「ううっ」
戦闘不能「みんな…ごめん…」
ホーム画面「ん?ロイヤル猫缶が足りない!まさか、兄さん勝手に…」
ルル「にゃあ、にゃおにゃおにゃーお」
ルドガー「ルルはねこじゃらしが大好きだなー、ほうら」
ルル「にゃお…」
ルドガー「ん、もういいのか?」
ルドガー「そろそろダイエットさせないと、まずいかもな…」
ルル「にゃあ?」
ルドガー「ルル、ロイヤル猫缶はしばらくおあずけにしようか」
ルル「ぎゃお!」
「大切なものは絶対に守り抜くよ。何に変えても…」
「骸殻が何かって?説明が難しいな…また今度説明するよ」
 

クレス(ログインボーナス)

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 
 

テンプレ用

攻撃(連撃)「」
攻撃(1hit)「」
術技発動「」
OLゲージMAX「」
覚醒ゲージMAX「」
秘奥義(覚醒)「」
被ダメ「」
戦闘不能「」
ホーム画面「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
 

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • すみません。私も基準を取り間違えていました・・・ 風スレイと光エステルのところを修正しました。 -- 2016-08-24 (水) 15:31:46
  • 覚醒リアラ待ってます…(>_<) -- 2016-10-28 (金) 15:58:24
  • フレン【演劇衣装】、ティア【正装】、ルーク【正装】(戦闘関連)、エドナ【アイドル】(戦闘不能)、シェリア【アイドル】のボイスを追加させて頂きました。 -- らいる? 2016-11-02 (水) 13:46:52
  • ただ、シェリア【アイドル】の戦闘不能ボイスが聞き取りづらかったので、間違っているかも知れません。どなたか確認(訂正)よろしくお願いします。 -- らいる? 2016-11-02 (水) 13:47:56
  • ↑乙です シェリアは攻撃術技と補助術技で声が違う(補助の場合連撃の声と同じ?違う?)なのでそこだけ足しときました あと個人的にルークありがとうございます -- 2016-11-02 (水) 16:05:31
  • ↑追加ありがとうございます。フレン【演劇衣装】とシェリア【アイドル】のホーム画面のセリフを、2段に分けて見やすく?しました。見辛いとの指摘があれば元に戻します。 -- らいる? 2016-11-02 (水) 18:04:15
  • フレン【演劇衣装】の術技ボイスですが、シェリア【アイドル】と同じく攻撃と補助(回復)でボイスが違ったので追加しておきました。私が聞いた限り、連撃の時と全く同じボイスだと思います。 -- 2016-11-09 (水) 16:40:15
  • 3周年水神威編集したのですが、ホームボイスが5種類しか確認できませんでした・・・これは仕様??他の3周年覚醒キャラもそうなのでしょうか? -- 2017-04-01 (土) 16:59:30
  • 神依キャラはホームボイスが5種類みたいです。風神依ロゼもホームボイスが5種類しか確認できませんでした。 -- 2017-04-01 (土) 17:37:21
  • ↑ありがとうございます!神威キャラの仕様だったんですね -- 2017-04-02 (日) 09:13:41
お名前: